安田顕が叫ぶ、走る、滝に打たれる!「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」劇中カット公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:体を張って熱演!

[映画.com ニュース] 宮川サトシ氏による人気エッセイ漫画を映画化した「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」で主演を務めた安田顕の体を張った姿を写した場面写真が公開された。

絶叫する安田顕の姿も!「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」場面写真

 宮川氏の実体験に基づき、がんになった母との最期の日々から葬儀、そしてその後の人生が描かれる。「さよなら渓谷」「日日是好日」の大森立嗣監督がメガホンをとり、サトシを安田が演じるほか、サトシの母・明子役で倍賞美津子、恋人・真里役で松下奈緒、父役で石橋蓮司、兄役で村上淳が共演する。

 場面写真は、サトシが全力で走るシーンや、がんを宣告された明子の願掛けのため、サトシがジャージ姿でお百度参りをし頂上で「おふくろー!」と叫ぶ姿、パンツ1枚で滝行に挑戦するさまなどをとらえている。講師を務める学習塾では、生徒を笑わせるために大量の目を描いた腹部を披露する姿を確認することができる。

 安田にサトシ役のオファーがあった背景には、「HK 変態仮面」での強烈な演技と役にのめり込む姿勢に本作のプロデューサー陣がほれ込んだことがきっかけとなっている。本作でも期待を裏切らない熱演を見せ、何事にも全力で取り組む安田ならではの魅力がにじみ出たキャラクターが誕生した。

 「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日から全国公開。

コメントは受け付けていません。