孤高のアルピニストがドキュメンタリー制作を許可した理由「夢を与えられれば」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

思わず目もくらむ、崩れ落ちそうな岩と氷の断崖絶壁をものともせず、命綱をつけずにたった独りで頂点を目指すフリーソロという無謀な登山スタイルを貫いたアルピニスト、マーク・アンドレ・ルクレールのドキュメンタリー映画『アルピニスト』(7月8日公開)。本作を監督した、ピーター・モーティマーとニック・ローゼンは、どういった経緯で彼のドキュメンタリー制作を思い立ち、本人から許可を得たのか。

【動画】思わず肝を冷やす、凍った滝を登っていくマーク(本編映像)

 ピーター・モーティマーとニック・ローゼンは、20年近くにわたり、多くの山岳ドキュメンタリーを手がけ、高い評価を受けてきた映像クリエーター。自身もクライマーとして山を熟知し、常にクライミング界の新星に注目していた。それゆえにマークの存在を知った時は衝撃を受けたそう。

 「マークは自分の技術、価値観を大切にしていて、自分のビジョンもハッキリしている。そういう人に会うといつも考えるんだ。他の人と何が違っているんだろうと。それが映画作りの原動力なんだ」(モーティマー監督)。

 しかしそんな百戦錬磨の巧者をもってしても、本作の主人公となるマーク・アンドレ・ルクレールには苦労させられたと言う。さすらい人で、世間からの注目を好まないマークは、携帯電話も車も持たない“生粋の自由人”。

 SNSでアピールすることなく、ただ自分の気の向くままに、驚くべき偉業をひっそりと成し遂げる。その偉業に付随する名声などにはまったく興味を示さない。それだけに撮影クルーが、彼の純粋なクライミングの世界に入って来ることを良しとはしない。そんなマークにどうやってカメラを向けることができたのか。

 当然ながらSNSをやっていないマークにコンタクトをとるのは容易ではなかった。そこでモーティマー監督はブリティッシュコロンビア州のスコーミッシュに向かい、マークに直接会いに行くことにしたという。もちろん映画監督としてではなく、同じクライマー仲間として。そのことでマークもすっかりリラックス。話も弾み、互いのことを知る機会となった。

 マークはカメラと一緒にクライミングすることを良しとはしなかったものの、その一方で新しい物事には常にオープンだった。本作を製作したセンダーフィルムが、アレックス・オノルドらが主演する映画を制作していたことも、マークから映画製作を目的とした撮影の許可を得ることにつながった。そもそもマークがクライミングに興味を持ったきっかけとなったのは、本を読んだからだったそうで、「彼らが自分の物語を語ってくれなかったら、どうやってその活躍を僕が知ることができただろうか? だから他の人がヒントを得てくれるなら、僕も自分の経験をしまっておかず、みんなにシェアして夢を与えられれば良かったんだ」とマーク。

 だが、これはほんの始まり。自由人で気まぐれな天才マークに、およそ2年にわたってカメラを向けるのはなかなか大変なミッションだった。自由人のマークに右往左往する監督たちの悲喜こもごものてん末も本編に含まれている。それでもモーティマー監督は「マークはつかみどころのない人間だろうと覚悟していたが、偉大でありながらほとんど知られることがなかった彼のことを伝えられて、やった価値はあったよ」と語っている。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。