女王蜂・アヴちゃん、運命を感じた役を通して「新しい人格が生まれた」 『犬王』への熱い思い語る(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ロックバンド・女王蜂のアヴちゃんが28日、都内で行われた劇場アニメーション『犬王』の初日舞台あいさつに出席した。

【動画】舞台あいさつ中に森山未來と踊り狂うアヴちゃん

 同作は、「平家物語 犬王の巻」(著:古川日出男)を原作に、室町時代に人々を熱狂させた実在の能楽師・犬王と、そのバディである琵琶法師・友魚の友情を、変幻自在のイマジネーションで描くミュージカル・アニメーション。湯浅政明監督×松本大洋(キャラクター原案)×野木亜紀子(脚本)といった常に新作が期待されるクリエイターが集結しており、主人公・犬王の声をアヴちゃん、その相棒となる琵琶法師・友魚役を森山未來が担当する。

 主演を務めたアヴちゃんは、「私自身も運命を感じた。原作を読んで『私がやらなあかん役や』と思った。自分の中に新しい人格というか、キャラクターが一つ明らかに生まれているような感じです」と心境を吐露。自身と役の共通点については、「あまりにもたくさんあって…。きっと男の子をまっとうしていたとしたら、彼のように生きていたんじゃないかなと思う」と感慨深げに語った。

 歌唱シーンについては、「『犬王』はマイクがない時代なので、とにかくのどが終わるぐらいの声を出しました。録音マイクを壊すぐらいの気持ちでやっていました」と振り返り、「(声量が)人間離れしてるんだなと思いました」と笑顔で自画自賛した。

 舞台あいさつにはアヴちゃんのほか、森山、柄本佑、津田健次郎、湯浅政明監督も出席した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。