女性の医療脱毛への意識に変化か、20代での経験者が半数超え「コンプレックス」より「時短」へ(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

テレビやYouTubeで脱毛クリニックCMを目にすることが増えた。かつては若い女性の関心ごとだった「脱毛」だが、昨今は男性やミドル世代、さらにはキッズとサービスも多様化している。オリコン・モニターリサーチでは「脱毛サービスの施術経験がある」と回答した10~50代の女性577名へのアンケートを実施。「体毛」への意識を掘り下げながら、脱毛ニーズのこれからについて探った。

【動画】顔中ニキビ200個…ギャルモデルの壮絶な肌荒れ”告白動画”に反響「やっと解放された」

■20代で施術デビュー「毛があることがストレスになる」

 今回の調査対象となった10~50代の女性1396名のうち、施術経験がある人は41.3%(577名)。脱毛サロンや医療脱毛の経験者のうち、「初めて施術を受けた年代」は10~20代までで85.0%となり、その内訳としては20代が61.5%と半数超えた。

 施術をしようと思ったきっかけは「身だしなみのひとつとして」という回答が53.4%と最も多く、次にセルフケアが面倒などの理由から「時短のため」と答えた人が40.9%となった。

 施術を受けた感想は「毛がある=毛の処理をするというストレスが減った」(30代・愛媛県)、「セルフケアをほとんどしなくて良くなったことと、シェーバーで乾燥して鱗肌になっていたのが改善された」(30代・大阪府)、「セルフ処理をしなくても良くなり、毎日のスキンケアがとても楽」(20代・東京都)といったもので、施術を受けた人の84.1%が「よかった」「まあよかった」と満足度の高い結果となった。

 上記の回答から、服装や頭髪を整えるのにも近い「身だしなみ」(=美意識、マナー、清潔感など)として脱毛を位置づける人が多く、施術を受ける前からなんらかの方法で体毛の処理をしていたことが伺える。

 ただし体毛を処理しなくても清潔を保つことはできる。注目したいのは「体毛を意識し始めた年代」として中学生が最も多く45.8%、ついで小学生が23.9%と思春期に重なっていることだ。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。