夫を冤罪で亡くした妻の前に突然現れた謎の男 2人を結びつける秘密は?「白い牛のバラッド」本編映像(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品された「白い牛のバラッド」の本編映像の一部が披露された。夫を死刑で亡くしたシンングルマザーのもとを謎の男が訪れる場面を収めている。

【動画】「白い牛のバラッド」本編映像

 愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナ(マリヤム・モガッダム)。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザ(アリレザ・サニファル)が現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、2人を結びつける“ある秘密”には気づいていなかった。

 披露されたのは、ミナとレザが出会うシーン。どこか怪しい雰囲気を漂わせながらも、生前夫に借りたお金を返しに来たというレザに対し、ミナは驚きつつも真摯に受け答えをする。“ある秘密”によって結び付けられた2人の今後の展開が気になる場面であり、会話の後ろで響く生活音によってリアルな緊迫感が伝わってくる。

 なお、本作は本国イランではファジル映画祭で3回上映されて以降、イラン政府の検閲により正式な上映許可が下りず、自国では3回しか上映されていない。近年は同じ死刑を扱った作品で、第70回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したモハマド・ラスロフ監督の「悪は存在せず」が自国のタブーに挑んで高い評価を得たが、本作も例外ではなく、べタシュ・サナイハ監督とマリヤム・モガッダム監督は身の危険を冒してもチャレンジングな題材に挑んだ。

 監督兼主演を務めたモガッダムは「イラン映画の特質のひとつは、社会的、人間的な問題に対して正直であることですが、検閲が存在するため、これを達成するのは容易ではありません」と製作の苦労を振り返る。続けて「この目標を達成した映画は影響力を持つことができます。映画という窓を通して、世界の人々と孤立したイランの人々が互いを見ることができるからです」と語っている。

 「白い牛のバラッド」は2月18日から、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。