大阪☆春夏秋冬、9か月振りのワンマンライブで本領発揮!(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

9月27日、大阪☆春夏秋冬が大阪のumeda TRADにて新春の東京公演以来約9か月振りのワンマンライブを実施、いつもながらの高いパフォーマンス力を発揮し大盛況のうちに終えた。

【写真】大阪☆春夏秋冬が大阪・umeda TRADにて2部制のライブを開催

2部制のこの日、1部はゲストに我儘ラキアを迎えての対バン形式の有観客ライブ、2部はワンマンでの有観客&配信ライブと1日2公演をこなした大阪☆春夏秋冬。地元・大阪でのワンマンは、昨年の6月末以来1年3か月振りということもあり、密にならないように設定された所定の席数は早々にソールドアウト。特に「完全版 BRAVE SOULS -Re Start-」と題して、7月にCDリリースした最新アルバム『BRAVE SOULS』収録の全10曲を1曲目から順に全曲パフォーマンスするという趣向で行われた2部のワンマンは、この日ステージ初披露のハードなパンク・チューン『AxMxMxRx to The End』、『Start Over』、『Get up for your right』の3曲のおかげもあり、大阪☆春夏秋冬史上もっともロック色の強いステージになったといえるだろう。

午後6時30分をまわった頃、メンバーが自ら作ったというSEとアナウンスが流れ、メンバーがステージに登場。1曲目から観客は総立ちで、感染症対策で声は出せないものの拍手や手拍子、手振りなどで応えていく。最初のMCではコロナ禍を乗り越えての久しぶりのワンマンということで感極まるメンバーもいたが、話すにつれてやがていつものように明るく笑いを取っていくのは彼女達ならでは。

『BABY CRAZY』では、開場前に客席に置いておいたメンバー手作りの旗を用いて観客を交えたパフォーマンスを見せた上、さらにはメインMC担当のメンバー・EONに対して他のメンバー全員がその旗でドッキリを仕掛けるという手の込んだ手法で観客を笑いの渦に巻き込んでいく。そうした硬軟取り混ぜたステージングが彼女達の真骨頂で、勿論最新アルバム収録曲だけでなく、久しぶりにパフォーマンスするという初期の楽曲や定番のアゲ曲も散りばめられた約1時間40分の濃厚な時間は、あっという間に過ぎていったのだった。

MCで「サブスクやCDも大事だけど、私達はやっぱりライブがあってこそ」という趣旨の発言があったのだが、この日の彼女達の白熱のライブはまさにその言葉を実際に体現するものであった。

今後大阪☆春夏秋冬は、10月8日(木)に東京・新宿BLAZEにてワンマンライブを実施、10月10日(土)・11日(日)には大阪・万博記念公園で開催される一大イベント『大阪文化芸術フェス presents OSAKA GENKi PARK』に出演(大阪☆春夏秋冬は11日に出演)、そして11月15日(日)にはこの日の会場umeda TRADに戻って、再び対バン形式&ワンマンの1日2公演が決定、対バンには大阪出身のロックバンド、愛はズボーンが出演する。ロックバンドとの化学反応も興味深いし、ワンマンの方も何やら新たに趣向を凝らすとのことなのでそちらも楽しみだ。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。