大泉洋「いつまでたってもイジられる存在でいたい」 ふり幅大きく進む人間道(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優、司会、バラエティ――どのジャンルでも進化し続ける大泉洋(49)が、Amazon Original番組『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2でもMCを務める。すでに肩書など必要のないほど幅広いジャンルで快進撃を見せるが、そこには大泉がデビュー当時からこだわる「なんでもできないといけない」という思いが大きく影響しているようだ。

【動画】MC 大泉洋が語る!舞台裏 特別映像

■根底にあるのは“笑い” 笑わせることが求められないような現場には違和感も

 現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で魅せた斬新な源頼朝の演技をはじめ、俳優としての確固たる地位を築いている一方、バラエティ番組やイベント等で見せる軽快なトークも大きな魅力のひとつだ。さらにはNHK紅白歌合戦で2年連続司会を務めるなど、MCとしても高い評価を得ている。前作が大いに話題となった『ザ・マスクド・シンガー』のシーズン2でも、シーズン1に引き続き、個性的なマスクドシンガーたちを盛り上げる司会者として強い存在感を見せている。

 「僕の根底にあるのは“笑わせたい”という想い。お芝居の仕事以外は、基本的にその姿勢なんです。司会のお仕事もいただきますが、笑わせることが求められないような内容だと、それは僕じゃない方がいいのでは……と思ってしまう。その意味で『ザ・マスクド・シンガー』という番組は、どこか日本的じゃない作り方で盛り上がるおもしろさがあるし、“誰か分からない”という部分でも笑いに持っていきやすい番組なんですよね」。

 シーズン1は配信後、周囲からの反響も大きかったという。 「地上波のテレビに出ているのとは違う反応はいっぱいありましたね。たとえばうちのメンバー(TEAM NACS)は、互いに作品に出ても『観たよ』みたいな会話にはならないのですが『ザ・マスクド・シンガー』は好きで観ているって話もありましたからね」。

 それでも、シーズン2になったからといって、どこか肩に力が入るような感覚にはなっていないという。

 「シーズン1がとにかく楽しかったので、そのままの雰囲気を継承したいというか、あまり意識して『ここはパワーアップしていこう』みたいな意識はないかもしれないです。僕が変わらなくても、パフォーマンスは変わるし、スケールもどんどん大きくなってきている。おのずと番組が僕にぶつけてくるものもシーズン1とは違ってくるので、見え方は変わってくるのかなとは思っています」。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。