大人気文具“マステ”の根幹は、ハエトリ紙にあった…業務用が”可愛い“に進化を遂げた15年(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

もともとは業務用の目張り用テープとして使われていたが、いま“マスキングテープ”といえば、デコレーションや、文具としての認知が高くなっている。火付け役となったのはカモ井加工紙が販売するマスキングテープのブランド『mt』で、“可愛い”に着手するに至ったのはユーザーからの要望だったとのこと。自社で行うイベントは“意見交換会”とし、一方的ではない商品開発が続いている。このようなマインドはいつから生まれていったのか、カモ井加工紙の岡本さんに話を聞いた。

【写真】車や会場もマステでデコ!? カラフルで透ける“和紙テープ”の世界

■15年で年商は約2倍に 『mt』のヒットが会社の活気を生んだ

――00年代後半くらいから徐々に、マスキングテープと言えば“女性を中心に人気の文具”というイメージが大きくなったと思います。もともとは3人ほどのユーザーの声から生まれたんですよね。どうしてそのような少数の意見を取り入れて商品化することに踏み切ることができたのでしょうか。

岡本さん 創業時から製造してる“ハエ取り紙”の需要低迷により、和紙マスキングテープへ軸足を移していたタイミングでした。さらに新たな商材を探している時期だったため、和紙テープのファンだというお客さまの意見を大切にし、『mt』の商品化が実現できたと思います。

――カモ井加工紙の原点でもある、ハエ取り紙『カモ井のハイトリ紙』ですね。長年会社を支えたハエ取り紙の技術が現在の『mt』にも生きているのでしょうか?

岡本さん もちろんです。商材は変わりましたが、粘着技術という根幹部分があったからこそ、『mt』でさまざまな応用が出来ています。

――それまでの商品はとは印象がだいぶ違うものの商品化だったと思うのですが、不安はなかったですか?

岡本さん そうですね。新しいものに着手する不安はなかったのですが、工業用の和紙マスキングテープは大量生産でいかに安く製造するかを常に考えていた商品だったため、『mt』の少量多品種生産で効率が非常に悪くなることに不安はありました。

――少量多品種生産だと、確かに不安が大きくなりそうですね。ちなみに現在mtはどれくらいの種類があるのでしょうか?

岡本さん 現在は4000種類ぐらいまで増えています。

――市場はだいぶ大きくなっているんですね。

岡本さん 弊社の売上に関しては、『mt』を発売した2008年当時は60億ぐらいでしたが、現在は120億ぐらいになりました。ただ、『mt』の売上は全体の2割ぐらいであり、工業用のマスキングテープが大きく伸びています。

――そうなんですね。工業用が伸びている理由に『mt』の存在も関係しているのでしょうか?

岡本さん 工業用マスキングテープでは『職人図鑑』というホームページを作成し、職人芸ともいえるマスキングテープの貼り方などを紹介しているのが好評を得てます。これらは『mt』によってマスキングテープの可能性を知ることが出来たから実現しましたし、会社全体のモチベーション向上にもつながりました。また『mt』事業の拡大により、若い社員が増えたことも会社全体の活気に影響していますね。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。