増田貴久、綾野剛主演『オールドルーキー』で10年ぶりTBSドラマ出演(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

俳優の綾野剛が主演する7月スタートの日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストとして、NEWSの増田貴久の出演が発表された。主人公が働くスポーツマネジメント会社「ビクトリー」の努力家のエースを演じる。

“人見知りはしない”増田貴久、心掛けるコミュニケーションのポリシー

 本作は、愛する娘や妻がもう一度誇りに思えるようなパパになるため、自らの人生を生き切ろうと模索する元サッカー選手の姿を描くヒューマンドラマ。日本代表まで上り詰めるも、けがの影響で現役引退し、スポーツマネジメント会社「ビクトリー」に37歳で転職する主人公・新町亮太郎を綾野が演じる。

 「ビクトリー」で働く個性豊かな面々をはじめとしたドラマ出演者たち=本作のベストイレブンを、5月23日を皮切りに毎日発表。これまでに、主人公・新町を演じる綾野に続き、高橋克実、稲垣来泉、泉谷星奈、岡崎紗絵の出演が解禁されていた。

 今回出演が発表された増田貴久が、TBSの連続ドラマに出演するのは『3年B組金八先生』(2001年)を皮切りに今作で8作目。最後に出演した『レジデント~5人の研修医』(2012年)から10年ぶりの出演となる。

 増田が演じるのは、主人公が働くことになる「ビクトリー」のエース・梅屋敷聡太。何でもソツなくこなし、コミュニケーション能力が高い、自他ともに認める会社のエースだ。しかし、自身の学歴に激しくコンプレックスを持っているため、仕事がうまくいった同僚や、自分より優れた後輩を猛烈にライバル視する。梅屋敷が仕事にかける情熱やその背景が明らかになるとき、どのような彼の葛藤が見えてくるのか…。

 増田は「久しぶりにTBSのドラマに呼んでいただけてうれしいです! (綾野)剛君とは前からお友達で『やっと共演できてうれしい! まっすんの作品色々見てたよー!』と声をかけてもらいました。この作品の素晴らしさを伝える1つのピースとして、精一杯頑張ります」と意気込んでいる。

 日曜劇場『オールドルーキー』は、TBS系にて7月より毎週日曜21時放送。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                        『shunax』
                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。