坂口健太郎&杏『競争の番人』、小池栄子が月9初出演 大倉孝二、加藤清史郎ら共演キャスト発表(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

坂口健太郎と杏がダブル主演する7月スタートのドラマ『競争の番人』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の追加キャストとして、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎の出演が発表された。小池は月9ドラマ初出演。

【写真】『競争の番人』でW主演を務める坂口健太郎&杏

 本作は、現在放送中の月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の原作者でもある作家・新川帆立の同名最新作を実写化したエンタメ・ミステリー。

 物語の舞台は、公正取引委員会・第六審査(通称“ダイロク”)。坂口演じる天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏が演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。

 小池栄子が演じるのは、公正取引委員会・第六審査の主査という役職で、“ダイロク”メンバーの頼れる上司・桃園千代子役。ひょうひょうとしつつも、常に明るく、人付き合いが上手。公取委にとって重要な事情聴取も、人心掌握術に長ける桃園にはお手の物で、特に中年男性にはウケが良い。みんなの頼れるリーダーだが、公取委が国民にあまり知られておらず、利権も人材も予算もないという現状を憂いている。

 そして、大倉孝二が扮するのは第六審査のキャップ・風見慎一役。立ち入り検査などで現場を仕切るリーダー的立ち位置だが、小勝負や白熊に現場で勝手な行動をされたり、トラブルを起こされたりと部下に翻弄されるキャラクター。上司や官公庁に対して絶対的に腰が低く、公取委のことを「弱小官庁」と卑下している。

 杏とは映画『忍たま乱太郎』(2011年)以来の共演となる加藤清史郎が演じるのは、第六審査・審査官の六角洸介役。育ちの良いお坊ちゃんで、新人の白熊に、明るく元気に公取委の仕事を教える“ダイロク”のムードメーカー的存在だ。

 小池は、本作で主演の2人と初共演。坂口の印象について「思っていた以上に、それこそ小勝負のようにつかみどころがないです。本心がどこにあるか分からない感じが、セクシーで良いなと思います。一緒にいると、こんな子供っぽいところで笑ったりするんだとか、私より年下なのにそういうところはしっかりしてるんだ…と、新しい発見があるのが面白いです」と語り、杏については「以前から私が思っていた通りの、すごくチャーミングな方です。汚れのない少年のような雰囲気なので、一緒にものを作る時の苦しさや楽しさを年齢差を感じることなく私からも吐き出せてしまう包容力がありますね」と明かしている。

 一方の大倉は、演じる役どころについて「そうとう頼りないですね(笑)。調査は真面目に取り組んでいるんですけど…。そういうところも監督がきっちり見てくださっているので、僕もダメなところはダメに、ビシッとしているところはきっちりとやっているつもりではあります(笑)」とコメント。加藤は「これまでの“誰かの息子”というのではなくしっかりと働いて自立していて、年齢的にも実年齢より上の設定の役なので、そういうところでも皆さんの足を引っ張らないようにしたいなと思っています」と意気込んでいる。

 日本初の“公取委ドラマ”となる本作は、トラブルが絶えないダイロクの面々が真相にたどり着くまでのドタバタ劇やユーモアを織り交ぜながら進んでいく痛快爽快エンタメドラマ。野田悠介プロデューサーは「坂口さん、杏さんに加えこの3名のダイロクメンバーがそろったコミカルな掛け合いが本作品の醍醐味でもあるので、是非お楽しみに!」と呼びかけている。

 ドラマ『競争の番人』は、フジテレビ系にて7月より毎週月曜21時放送。

 コメント全文は以下の通り。

コメントは受け付けていません。