国際芸術祭「あいち2022」新しい形式でセレクトされた第一弾アーティスト発表(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

2022年の夏に開幕する国際芸術祭「あいち2022」の第一弾アーティスト22組と、愛知県の形をハートに見立てたロゴが発表された。

国際芸術祭「あいち2022」新しい形式でセレクトされた第一弾アーティスト発表

発表された22組は、本芸術祭テーマ着想の元となった愛知県出身のアーティスト河原温ほか、コロナ禍の影響を感じる作品など、今回の芸術祭の方向性を想像させるラインナップとなった。

「コロナ禍により決定的に違うのは、私含めキュレーターが世界のアーティストについてリサーチできていないということです。しかしそれを補完する形で、世界各国のキュレトリアル・アドバイザーを集め、彼らの推薦作家からセレクトしています。私がこれだけのアーティストをリサーチしていたら、おそらく後5年ぐらいはかかっただろうなという量と、各地域の専門家による非常に質の高い情報が短期間で集まっています。それによってこれまで日本で見たことがないアーティストが多くなるのではないかと思います。全く新しいセレクトで、世界をもう一度シャッフルして、新しい組み合わせを見つけ直すことができるのではないかと思っています」と出演者について話す片岡監督。

最終的には、現代美術80組、パフォーミングアーツ10組程度を予定しているというので、今後の発表にも期待したい。

コロナ禍で開催されることについて片岡監督は「先の見えない不確かな時間の中で、どういう未来を想像し、新しい価値観を築いていくかということが必要だと思っています。多彩な地域から多様な価値観が持ち寄せられる国際芸術祭は、『STILL ALIVE』というテーマが示している通り、今をどのように生き抜くかという、人類にとって最大の問いについて、多様な応答をみることができるのではないかと思っています。生きるためのアートを、今を生きる皆さまにお届けしたいと思っています」と意気込みを語った。

名称:国際芸術祭「あいち2022」
テーマ:STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから
会期:2022年7月30日(土) ~ 10月10日(月・祝)
主な会場:愛知芸術文化センター/一宮市/常滑市/有松地区(名古屋市)

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。