名古屋OJA、SOS意地の勝利で最下位脱出/RAGE Shadowverse Pro League セカンドシーズン(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:名古屋OJA ベビースター

対戦型カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE セカンドシーズン」の第9節が1月27日に開催され、2勝6敗で最下位に沈む名古屋OJA ベビースター(以下、名古屋OJA)と3勝5敗の5位で上位進出のためには負けられないAXIZが対決。名古屋OJAはさに、SOS、マサヤの3選手が相手に1勝も許さない完封勝利を達成し5位へと浮上。敗れたAXIZは最下位へと転落した。なお、第9節での構築戦はローテーションが採用された。

 第1試合はさにが勝利し、迎えた第2試合。名古屋OJAは前節からの連勝を目指し、SOSが登場。負ければ最下位転落が確定するAXIZはチームのエース、GEMOが登場した。

 第1バトルはSOSがロイヤル、GEMOがウィッチを選択。SOSが序盤からフォロワーの横並べを意識して盤面を構築することに成功し、じわじわとGEMOの体力を削る展開となった。手札を整え反撃を試みるGEMOだったが、SOSは冷静に対処。最後は「先陣の騎兵」と「黄金の靴」を繰り出し、ノーダメージで勝利した。

 第2バトルはネクロマンサーミラーとなったが、SOSの絶妙な盤面コントロールが光る展開となった。フォロワーの体力をうまくコントロールし、最後は「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」で見事GEMOの体力を削りきり、チームの勝利を決めた。

 チームの連勝を決めたSOSは、「ローテーションで初勝利できたのですごく嬉しいです。GEMOさんは非常に素晴らしいプレイをされるので、難しくて大変でした」と対戦相手を称えていた。

 第3バトルは名古屋OJAがマサヤ、AXIZはMISAKIを送り出す展開となったが、マサヤが2-0で勝利。名古屋OJAは第9節を1-0、2-0、2-0の完封勝利で終えた。

 次回第10節は2月10日に開催される。5位の名古屋OJA ベビースターは2位のレバンガ☆SAPPOROと、AXIZは最下位脱出をかけて首位のau デトネーションに勝負を挑む。

コメントは受け付けていません。