吉沢亮『青天を衝け』第28話は「神回中の神回」“慶喜”草なぎ剛に「心を揺さぶられた」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

NHK大河ドラマ『青天を衝け』で主演を務める俳優・吉沢亮、脚本の大森美香氏が14日、東京・赤羽会館で行われた『いよいよ舞台は飛鳥山へ!青天トークショー in 北区』に出席。ファンの間でも人気の高い、第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」のストーリーを振り返った。

【写真】大河ドラマ『青天を衝け』撮了を祝して花束贈呈される吉沢亮

 第28回では、慶喜(草なぎ剛)が「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫(吉沢)に最後の命を下す。吉沢は「別れのシーンではあるけれど、心が近くなった瞬間なのかなって。それがすごいグッときましたね」やっぱり28話ってすごいですよね。いろんな神回がありますけど、神回中の神回だと思ってます。熱いシーンが多い」と魅力を熱弁した。

 草なぎとの共演について話題が及ぶと「本当に素晴らしい。対峙してて役と本人の境界線が全く見えない」とリスペクトの思いを口にし「どんなにお芝居が上手い人でも“芝居をする意図”が見え隠れしてしまうものですが、草なぎさんはそれが全くない。だから草なぎさん自身が何を考えてるか全く分からないから、いい意味で不安にもなるし、心も揺さぶられる。ただただ慶喜として、その場にいる。いい意味で緊張感が生まれて、この緊張感を大事にしたいなと最後まで演じていました」と振り返った。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。