吉岡里帆演じるセクシーで残酷な悪女の誘惑…「ホリック」でセクシー所作に苦労した裏話も(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

蜷川実花監督が創作集団「CLAMP」の人気漫画を映画化する「ホリック xxxHOLiC」で、吉岡里帆演じるセクシーで残酷な悪女・女郎蜘蛛をとらえた場面写真2点を、映画.comが独占入手。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見える主人公・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ/神木隆之介)や、自らの手下・アカグモ(磯村勇斗)を惑わす、色気溢れる姿が切り取られている。

【フォトギャラリー】吉岡里帆演じる女郎蜘蛛、セクシー過ぎる場面写真

 原作は、単行本の累計発行部数が1400万部を突破した「CLAMP」のベストセラーコミック。孤独な高校生・四月一日が、対価と引き換えに願いを叶える不思議な“ミセ”の主・壱原侑子(イチハラ・ユウコ)と出会い、想像を超える事件に巻き込まれていく物語を紡ぐ。蜷川監督による絢爛豪華な映像美が見どころの映画版では、神木と柴咲コウに加え、松村北斗(「SixTONES」)、玉城ティナ、趣里、磯村、吉岡ら豪華キャストが顔をそろえた。

 吉岡演じる女郎蜘蛛は、“アヤカシ”を操り、四月一日に近付くキャラクター。吉岡は「女郎蜘蛛は物語の鍵になる、色気がたっぷりで、妖えんで、でも残酷な悪女です。とにかくセクシーな所作が難しくて、工夫の連続なんだなと勉強になりました」と話す。吉岡は、セクシーな役衣装に合わせて、筋トレなどの体づくりに取り組んだ。さらに、蜷川監督のアイデアで、セクシー指導の専門家が吉岡を演出。四月一日を誘惑する際の体の曲線の見せ方から、指先や爪の動きに至る細かな部分まで、人を魅了する仕草を身につけていった。そうした努力で、女郎蜘蛛が登場する場面は、緊迫感に満ちてミステリアスでありながら、色っぽく艶やかな、インパクト抜群のシーンに仕上がっている。

 場面写真では、女郎蜘蛛が四月一日の肩にもたれかかる姿と、アカグモに壁ドンをさせるシーンを活写。四月一日を闇の世界に引きずり込もうとする女郎蜘蛛は、苦悩する彼を優しく慰め、甘い言葉を囁き、心の隙間に巧みに入り込もうとする。一方で、自らに心酔するアカグモに対してはどこか冷酷で、彼の好意を利用して、手の平の上で転がしている。どちらも、女郎蜘蛛の存在感に圧倒される必見のシーンだ。

 壁ドンのシーンについて、吉岡は「普通は男性からするシチュエーションが多いと思うのですが、今回は女郎蜘蛛がアカグモにやらせるシチュエーション。磯村さんの優しさと懐の深さと、ふたりの息が合ってよかったなと思いました。でもアカグモばかり(女郎蜘蛛に)やられ過ぎちゃっていて、現場がだんだん笑いに包まれるという不思議な現象が起きていました(笑)」と振り返る。ふたりの相性の良さがあったからこそ成立した、女郎蜘蛛とアカグモの不思議な主従関係にも注目だ。

 「ホリック xxxHOLiC」は、4月29日に全国で公開。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。