吉岡里帆、初の母親役で大変さを実感「この子を守らなきゃ! というのが大きかった」(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

女優の吉岡里帆と俳優の仲野太賀が11日、映画『泣く子はいねぇが』公開直前舞台あいさつに、共演の寛一郎、佐藤快磨監督と共に出席。吉岡が初の母親役を振り返り、役を通して感じたことを語った。

【写真】シックなワンピース姿で登場した吉岡里帆 『泣く子はいねぇが』舞台あいさつの様子

 本作は、監督・脚本・編集の佐藤が、秋田県・男鹿半島の伝統文化『男鹿のナマハゲ』から“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出して作り上げた完全オリジナル作品。親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、青年から大人へ成長する姿を描く。主人公のたすくを仲野が、たすくの元妻・ことねを吉岡が演じる。

 脚本を読んだときに、なんて素晴らしい脚本だと思ったという仲野。自身が演じたたすくにも共感する部分があったといい「この脚本だったら、今僕ができる最大限の等身大を遺憾なく発揮できるという自信があって、臨ませていただきました」と明かした。さらに、実際に作品を見た感想を「正直自信作だと思いましたし、とても大切な作品になりました」と太鼓判を押した。

 初の母親役を演じた吉岡も、圧倒的な台本の力を感じたと話し「監督の台本を信じて、仲野さんの影響を受けて自然とこみ上げてくるものが多かったので、素晴らしい監督と素晴らしい主演の方に囲まれた作品でした」としみじみ。役を通して「母親になるってこんなに苦しくて大変なことなんだ、と感じました」とも言い、「赤ちゃんを抱っこさせていただいて、一緒に撮影したんですけど『この子を守らなきゃ!』というのが大きかったので、赤ちゃんのことはずっと考えていました」と撮影を振り返った。

 “大人になること”、“親になること”を描く本作にちなみ、イベントではキャスト陣の幼少期の写真が公開される場面も。吉岡は祖父と映画村に行ったときの写真を公開し「かなり貴重な忘れられない思い出の写真となっています」とコメント。仲野から「最新の写真集にも入ってるんですか?」と冗談混じりに尋ねられると、吉岡は「入れてもらおうかな、追加で」笑いながら答えていた。

 映画『泣く子はいねぇが』は11月20日より全国公開。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。