古川雄大「いつかファントムを演じてみたい」『金田一少年の事件簿』最終話で“天才俳優”役(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の古川雄大が、3日放送の日本テレビ系連続ドラマ『金田一少年の事件簿』(毎週日曜 後10:30)の最終話「File07 オペラ座館 ファントムの殺人」解決編に出演する。6月26日放送の第9話で、顔にやけどを負った姿でファントムを演じて以降、不幸な運命をたどった天才俳優・霧生鋭治を演じる古川にインタビュー。今作にかける思いを聞いた。

【別カット】悲劇の天才俳優を演じた古川雄大

 なにわ男子・道枝駿佑が主演する今作は、1995年の初放送から幅広い世代の支持を得てシリーズを積み重ねてきた、謎解きミステリードラマの金字塔を8年ぶりにドラマ化。日本ならではの呪いや怪談を題材にしたミステリーを現代の視点で再構築。シリーズ史上最大のスケールで贈る、これぞ“金田一少年”の決定版といえる内容となっている。

 「オペラ座館殺人事件」は「金田一少年の事件簿 File28 オペラ座館・第三の殺人」(講談社漫画文庫)の人気エピソードを初ドラマ化。先週の放送後、SNS上では「存在感がすごい」「ぴったりの配役」「舞台でファントムを見たい!」などの声が続々と寄せられ、注目が集まっている。

 まず同シリーズを、小学生の時に“初代”堂本剛(KinKi Kids)版から見ていたという古川。「『雪夜叉伝説殺人事件』の雪夜叉が監視カメラを壊すシーンなど鮮明に記憶に残っているシーンが多く、僕の中に色濃く残る作品です。今回のお話をいただいて、歴史がある名作に出演できてすごくうれしいです」と思い入れのある作品に参加することの喜びを語る。

 「幼いころは恐怖が強かったですが、ミステリーとしての見応えもあり、サスペンスとしてもすごく良い緊迫感のある作品で、特に、犯人を突き止めてから犯人の心情がすごく丁寧に描かれていて、そこが『金田一』の魅力だなと思います。今回の作品も一人ひとりの人物像が掘り下げて描かれているので、ドラマティックな内容になっています」と手応えを見せる。

 今回、演じたファントムと呼ばれた霧生鋭治については「天才俳優を演じるのは難しかったですが、カメラワークなど監督・スタッフの皆さんに助けていただきました。霧生鋭治は、すごく魅力的な人間で、登場シーンとしては多くはないのですが、常に霧生がどこかに存在しているように描かれているのがおもしろさだと思います」と力説する。

 顔にやけどを負った霧生の特殊メイクは「クオリティーが高い特殊メイクをしていただき、説得力が増して演じる上でとても助けられました。自分も違和感がなく演じることができました」と明かし、「名作『オペラ座の怪人』のモチーフが『金田一』でもとても魅力的に描かれ、改めてすてきな作品だなと感じました。今回の役を演じさせていただき、いつかファントムを演じてみたいと思いました」と掲げた。

 最後に、「純粋にストーリーを楽しんでいただきたいですし、犯人を突き止めてからが『金田一』のおもしろさだと思うので、美しく切ない人間ドラマを最後まで楽しんでいただけたらと思います。最終回にふさわしいボリューム感のある内容になっているので、ぜひご覧いただいたいです」とアピール。自身も舞台で活躍し、ミュージカル界のプリンスと熱い視線を浴びる古川が演じる“ファントム”、その謎が解き明かされる。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。