南座「吉例顔見世興行」今年も開催、片岡仁左衛門が「身替座禅」で山蔭右京に(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

「京の年中行事 當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」が、12月2日から23日まで京都・南座で上演される。

【画像】「京の年中行事 當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」チラシ(他5件)

毎年恒例の「吉例顔見世興行」。第1部は、坂田藤十郎三回忌追善狂言と銘打ち、「晒三番叟」と「曽根崎心中」が披露される。「晒三番叟」には、中村壱太郎、中村虎之介、中村鷹之資、「曽根崎心中」には中村鴈治郎、中村扇雀、虎之介、中村寿治郎、片岡松之助、中村亀鶴、中村梅玉が出演する。

2部には「三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場」と「新古演劇十種の内 身替座禅」がラインナップ。「三人吉三巴白浪」では、お嬢吉三を片岡孝太郎、お坊吉三を中村隼人、夜鷹おとせを片岡りき彌、和尚吉三を中村芝翫が勤める。「身替座禅」では、山蔭右京役を片岡仁左衛門、太郎冠者役を隼人、侍女千枝役を片岡千之助、侍女小枝役を中村莟玉、奥方玉の井役を芝翫が担う。

3部では「銀杏鶴玉章封裏 雁のたより」と「蜘蛛絲梓弦 片岡愛之助五変化相勤め申し候」が上演され、仁左衛門が監修を務める「雁のたより」には松本幸四郎、片岡愛之助、上村吉弥、片岡千壽、坂東竹三郎、片岡進之介、中村錦之助が登場。「蜘蛛絲梓弦」では愛之助が小姓寛丸、太鼓持愛平、座頭松市、傾城薄雲太夫、蜘蛛の精の5役を勤め、このほか碓井貞光役を大谷廣太郎、坂田金時役を中村種之助、源頼光役を幸四郎が演じる。

■ 「京の年中行事 當る寅歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」
2021年12月2日(木)~23日(木)
京都府 南座

□ 第1部
第一、坂田藤十郎三回忌追善狂言 晒三番叟
出演
如月姫:中村壱太郎
佐々木小太郎行氏:中村虎之介
結城三郎貞光:中村鷹之資

第二、坂田藤十郎三回忌追善狂言 曽根崎心中
作:近松門左衛門
脚本・演出:宇野信夫

出演
平野屋徳兵衛:中村鴈治郎
天満屋お初:中村扇雀
手代茂兵衛:中村虎之介
下女お玉:中村寿治郎
天満屋惣兵衛:片岡松之助
油屋九平次:中村亀鶴
平野屋久右衛門:中村梅玉

□ 第2部
第一、三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場
作:河竹黙阿弥

出演
お嬢吉三:片岡孝太郎
お坊吉三:中村隼人
夜鷹おとせ:片岡りき彌
和尚吉三:中村芝翫

第二、新古演劇十種の内 身替座禅
作:岡村柿紅

出演
山蔭右京:片岡仁左衛門
太郎冠者:中村隼人
侍女千枝:片岡千之助
侍女小枝:中村莟玉
奥方玉の井:中村芝翫

□ 第3部
第一、銀杏鶴玉章封裏 雁のたより
監修:片岡仁左衛門

出演
髪結三二五郎七:松本幸四郎
若旦那金之助:片岡愛之助
花車お玉:上村吉弥
愛妾司:片岡千壽
仲居お君:坂東竹三郎
若殿前野左司馬:片岡進之介
家老高木蔵之進:中村錦之助

第二、蜘蛛絲梓弦 片岡愛之助五変化相勤め申し候
出演
小姓寛丸 / 太鼓持愛平 / 座頭松市 / 傾城薄雲太夫 / 蜘蛛の精:片岡愛之助
碓井貞光:大谷廣太郎
坂田金時:中村種之助
源頼光:松本幸四郎

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。