北野日奈子、乃木坂卒業後初の舞台で“躍進”を約束 アイドルとして完全燃焼した今「終止符を打てたことに驚きも」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

4月30日に乃木坂46を卒業した北野日奈子(25)が、舞台『蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く』にヒロイン・小夏役として出演する。演出家・つかこうへい“最後の追悼公演”『十三回忌追悼公演 つかこうへいLonely 13 Blues』と銘打ち、同作と合わせて『初級革命講座 飛龍伝』も連続上演。グループ卒業後初の舞台出演にして、大きなステージに立つ彼女に、意気込みや、ソロになったいまの心境やファンへの想い、今後の展望を聞いた。

【ライブ写真14点】拍手が鳴り止まず…北野日奈子卒業コンサート

■名作舞台のヒロイン抜擢に葛藤も…「挑戦した後の自分の姿を見てみたい」

本作への出演オファーを聞いた際のことを、「自信がなかったのでびっくりしました。やらせていただけることはありがたいし、やるべきことだとは思いましたが、やりますとすぐ手を挙げられなかった」と回顧。悩みながらも決断したのは、あるスタッフからの言葉がきっかけになった。

「乃木坂を卒業してその看板が外れたいま、『自分は何をやりたいのか』や『なりたい自分』など、目標が見えず迷っていたんです。そんなとき、スタッフさんから『この舞台を踏んだら、終わった後に北野の気持ちは変わっていると思う。“新しい自分”を見つけるためにも経験した方が良い』と背中を押してくださいました。私自身、挑戦した後の自分の姿を見てみたいと思って挑戦することを決めました」。

 北野が演じる小夏は、過去に多くの俳優が演じてきた。映画と朗読劇を見た北野は、「松坂慶子さんの小夏さんと、井上小百合さんの朗読劇の小夏さん。どちらも同じく小夏さんなのに、大きな違いを感じた」と口にする。

 「井上さんはグループいたときから芯が通っていて、輝くアイドルでした。そういう井上さんの人間性がありつつ、芯のある小夏を演じている姿を見て、『これが俳優さんなんだなぁ』と勉強になりました。映画の小夏さんは、心の底から愛にあふれた方だなと感じました。そんな2人を見て、さて私はどうしようかな、と。(『蒲田行進曲』を知る)みなさんの中のイメージの小夏もありますし、もっともっと小夏には近づいていかないとダメだと思う」と試行錯誤。特に苦労したのが“一途な想い”の表現という。

 「小夏は銀ちゃんのことを一途に想っている女性。そういう一途な気持は私にはまだわからなくて。お母さんであり女性でありという役なので、その部分の経験も感情も不足しています。今回の舞台を通じて、“一途とはこういうこと”と語れるよう小夏から学び、女性として素敵になれるように頑張りたい」。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。