加納幸和創作のミュージカル「不思議の国のひなまつり」に山本耕史・姿月あさと・鈴木福ら(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

J-CULTURE FEST presents 装束 meets ミュージカル「不思議の国のひなまつり」が、3月3日から6日まで東京・東京国際フォーラム ホールB7で上演される。

J-CULTURE FESTは、魅力的な“にっぽん”の文化体験空間を創出するイベント。今回は“ひなまつり”をテーマにしたミュージカル作品を、花組芝居の加納幸和が創作する。出演者には、加納と花組芝居の面々に加え、山本耕史、姿月あさと、鈴木福、AKB48の岩立沙穂と行天優莉奈と込山榛香、そして寺田光、馬場亮成、山崎感音、横田剛基が名を連ねている。

加納は「人の、1年分の穢れを引き受けてくれる、形代としての雛たち。彼らを顧みないと、人は汚れ切ってしまう事になりはしないか? そんな思いを、春らしく陽気な舞台に込めたい。本物の装束を惜しげもなく使える、この贅沢さと同じ心の贅沢さを、皆さんに味わって頂くよう頑張る所存です!」と意気込みを述べた。チケットの販売は2月5日10:00にスタート。

なお3月1日から6日までは、本公演の関連企画として、体験・企画展示「美しき雛まつりの世界~平安・江戸・現代 ひなまつりのルーツをたどる~」展が東京・東京国際フォーラム ホールB5で実施される。

■ 加納幸和コメント
母の雛人形。戦前のもので、小さく質素な木目込みだが、実に顔がキレイで可愛らしく、古風でもある。子供の頃、飾り付けは僕の役目だった。しかし大人になり、節句というものへのワクワク感がなくなり、飾らなくなって数十年……。桐の箱の中で、雛たちは何を思っているのだろう。毎年巡り来る桃の節句に、今年こそは!とソワソワする気も失せたんじゃないだろうか。

人の、1年分の穢れを引き受けてくれる、形代としての雛たち。彼らを顧みないと、人は汚れ切ってしまう事になりはしないか?

そんな思いを、春らしく陽気な舞台に込めたい。

本物の装束を惜しげもなく使える、この贅沢さと同じ心の贅沢さを、皆さんに味わって頂くよう頑張る所存です!

■ J-CULTURE FEST presents 装束 meets ミュージカル「不思議の国のひなまつり」
2022年3月3日(木)~6日(日)
東京都 東京国際フォーラム ホールB7

作・演出:加納幸和
音楽:大貫祐一郎
和楽器演奏:吉井盛悟
出演:山本耕史、姿月あさと、鈴木福、岩立沙穂(AKB48)、行天優莉奈(AKB48)、込山榛香(AKB48)、寺田光、馬場亮成、山崎感音、横田剛基、花組芝居俳優、加納幸和

※山崎感音の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

コメントは受け付けていません。