内村光良&さまぁ~ず、反省もする「内さま」ロケ(お笑いナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:お笑いナタリー

本日10月12日発売の雑誌「+act.(プラスアクト)」2021年11月号(ワニブックス)に、Amazon Prime Videoで配信されているバラエティ「内村さまぁ~ず SECOND」のインタビューが掲載された。

【画像】「+act.」(プラスアクト)2021年11月号表紙(他1件)

開始から15年続く「内さま」は、ゲストMCの持ち込み企画に内村光良とさまぁ~ずがなりゆき任せに挑戦するロケバラエティ。現場に来てから内容を聞かされることが多く、3人は体当たりな企画になんの心構えもなく臨むことに対して「そんなつもりで家を出てきてない」と語り、この言葉が自分たちの中での“名言”になっていることも明かす。

ゲストとしてやってくる後輩たちにカッコいい姿を見せたいとは思うものの、即興チャレンジのため反省することも。内村は「準備した俺を見てくれよ!」と心の叫びを吐露し、大竹も収録後に「あそこがなあ……」などと考えてしまうことがあると共感した。

10月27日に3巻同時発売発売される最新Blu-ray、DVDには内村が初めて収録を欠席した回も収められており、内村は自身が不在だと「内さま」が不思議と“さまぁ~ずの番組”になるとしみじみ話す。「だから私はこの番組に非常に重要なんじゃないか(笑)」と自ら解説してみせると、三村も強く同意した。このほかインタビューでは、近頃は開催できていない打ち上げでの大事なコミュニケーションや、若手から受ける刺激について語られている。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。