内博貴、ジャニーさんからの一喝で意識変化「舞台に立てる人間が、最後まで生き残る」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の内博貴(35)が主演する音楽劇『海の上のピアニスト』が16日から東京芸術劇場・シアターイーストにて開幕する。8月に出演した舞台『フォーティンブラス』の千秋楽から約2週間後には、次作が待っている多忙ぶり。これまで堂本光一主演のミュージカル『Endless SHOCK』のライバル役をはじめとする数々の舞台作品に立ち続けてきた彼だが、以前は「やらないといけないからやっていた」とする舞台について、恩師であるジャニー喜多川さんの「舞台に立てる人間が、最後まで生き残る」という言葉が自身に大きな意識に変化をもたらしたという。

【写真】内博貴とほぼ二人芝居、共演の藤本隆宏

■本番中にセリフが飛びそうに…まさかの事態に冷や汗 

 今作は、イタリアの音楽評論家でもあるアレッサンドロ・バリッコが一人芝居のために書いた戯曲が原典。1998年に公開された映画でも知られる。豪華客船のなかで生まれ、生涯船を降りることのなかった天才ピアニスト・ノヴェチェント(内)の人生を描く音楽劇。彼の友人となるトランペッターを藤本隆宏が演じる。

 取材日は別作品の公演まっただなか。「さすがに時間がないので『フォーティンブラス』中も、『海の上のピアニスト』の台本を読むんですけど、全然、頭に入ってこないんです(笑)。本番中に『フォーティンブラス』のセリフが飛びそうになったので、ダメだ、やめようとなりました。同時進行できる作品もあるんですけど、この作品に関してはダメでしたね。『フォーティンブラス』が終わってから集中しようと思っています」と苦笑まじりに話す。

 初めてのピアニスト役、藤本との二人芝居、そして劇中では多彩なオリジナル楽曲も披露予定。「ここ最近はミュージカルもやっていなかったし、音楽劇でいえば『ザ・オダサク』(2014年)以来になるのかな。結構久しぶりなので、歌稽古も何回かはやりましたが難しい曲もありますね。曲調でいえばアップテンポもバラードチックなのもあります。初めて聞いたとき、こんなにあるの!?って、演出家の星田(良子)さんから『1曲増やしました』と言われて『増やさなくていいよ!』って言いました(笑)」。

 また、もう一つのハードルとして独特な世界観で展開されるセリフを挙げ「2人芝居なのに、あまり掛け合いのせりふがない。藤本さんはストーリーテラー的存在、僕はどちらかと言えば自分の心情を乗せたポエムが多い。僕はセリフを覚えるとき、相手のセリフをまず覚えるんです。相手のセリフを覚えていれば、こういうことを返すよねって、自分のセリフは最後に覚えるんですけど、この作品ではそれができない。だからそこがチャレンジですよね、今までのやり方は通用しないので。なんせ会話が少ないから、ひたすら自分のポエムを覚えないといけない。これを覚えるのは大変ですね…」とこれまでにない挑戦を前に苦戦しているよう。

 忙しい日々を乗り越えるため、体力作りも万全。「どんなに忙しくてもジムにいきます。あとは早寝早起き。なにも無い時も9時か9時半に寝ます。遅くても、11時過ぎにはお布団に入ってるかな。あと、1回目に起きるのは朝4時くらい。ウォーターサーバーで水を飲んでもう一回寝るか決めて、そのまま起きてるときもあります。健康のためジムに行って体を動かしてます。忙しくても体を起こすと、体調がいいんですよね。ジムに通いだしてから3ヶ月ですが、自分で言うのもなんですけどイイ身体になってきました(笑)。楽屋ではとっつー(戸塚祥太)から『仕上がってるね~』と言われます(笑)」と、「仕上がってはないよ」と付け加えつつも、うれしげには話していた。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。