光石研、食べられなかった時代振り返る 初の連ドラ単独主演も「悩みは尽きない」(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:光石研

俳優の光石研が、デビューから40年にして初の連続ドラマ単独主演を務める「デザイナー 渋井直人の休日」が、1月17日よりテレビ東京にて放送スタートとなる(毎週木曜深夜1:00~1:30)。昨年出演したドラマは11本、映画は6本。名バイプレイヤーとして幅広い役柄を演じてきた光石が、貪欲に多くの作品に出演し続ける理由を明かした。

【写真】第1話場面写真

 1978年の『博多っ子純情』で映画初出演にして主演に抜擢。以降、1980~90年代は映画を中心に活躍しながら、20代には食べられなかった時代もあったという。その過去は今も胸に刻まれているようで「どうしてもスケジュールが合わなくてお断りすることもありますが、頂いたお話は全てやらせていただきたいぐらいで。食べられなかった時代があったので、その思いをしたくないという思いはあります」

コメントは受け付けていません。