俳優兼プロ雀士・萩原聖人、超多忙でも「めちゃくちゃ充実してる」苦悩の2カ月半からの大復活(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:Mリーガーとしての日々を振り返る萩原聖人

10月に誕生したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」。7チーム、21選手が毎週激戦を繰り広げる中で、最も多忙な選手が俳優としても活躍するTEAM雷電所属の萩原聖人だ。テレビの連続ドラマに舞台など、俳優としての仕事をしっかりと務めながら、プロ雀士・Mリーガーとしては自身の対局時だけでなく、チームメイトの応援にも連日駆けつけ、声を飛ばす。「想像以上に大変でしたけど、めちゃくちゃ充実しています」と、目を輝かせる萩原に、俳優兼プロ雀士として過ごした、この2カ月半を聞いた。

――10月にMリーグが開幕し、そこから俳優兼Mリーガーとして活動することになりました。振り返ってみて、この2カ月半はいかがでしたか。

 萩原 想像以上に大変でした(笑)プロになる前、遊びで麻雀をしていたころは、仕事が遅い時間に終わっても、明日休みだったら「ちょっと今日、麻雀できるな!」みたいな感じだったんですけどね。やっぱり楽しんで打つのと、プロとして何かを背負って打つのと、その違いを痛感していますね。

コメントは受け付けていません。