俳優・萩原聖人、プロ雀士挑戦と同時に始めたSNS「おれを応援してくれる人がこんなにいた」(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:プロ麻雀リーグ「Mリーグ」としての日々を振り返る萩原聖人

俳優として活躍しながら、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」TEAM雷電の選手としても奮闘する萩原聖人が、プロ雀士挑戦とともに始めたSNS、Instagramについて「ちゃんとおれを応援してくれている人がこんなにいるんだってことを知った」と、直接ファンから声援を受けることへの思いを語った。「素を見せることが役者の世界でマイナスになることもある」と敬遠してきたが、MリーグのPRのためにと始めたSNSによって、新たなファンとの関係を経験した。

 麻雀については、兼ねてからプロ級の腕前を誇り、テレビ対局などでもプロ以上に華々しい活躍をしてきた。10月から開幕したMリーグでも、全21人の中では圧倒的な知名度を誇るだけに、開幕当初から「広告塔」の役割も自ら率先して果たしてきた。そんな中でPR活動の中で、1つの手法として取り入れたのがSNSだった。「俳優をやっていても、あんまりファンの生の声を聞くことって、意外と少ないんですよ。あと、素を見せることがマイナスになることもあるので。だからやってはいなかったんです。むしろ大嫌いでした」と苦笑いした。

コメントは受け付けていません。