佐藤浩市&天海祐希、少年犯罪に向き合う親&弁護士に!「Aではない君と」ドラマ化(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

[映画.com ニュース] 第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した薬丸岳氏の小説「Aではない君と」(講談社刊)がテレビ東京でスペシャルドラマ化されることになり、佐藤浩市と天海祐希が共演することがわかった。佐藤は息子が起こした事件に翻ろうされる父親、天海はその息子の弁護を担当する弁護士を演じる。

 大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)に、前妻の純子から中学2年の息子・翼が同級生への殺人容疑で逮捕されたと連絡が入る。困惑した吉永は弁護士の長戸光孝を訪ねるが、翼は接見で沈黙を貫き通す。誰にも心の内を明かさない翼の姿勢が災いし、公開の法廷で刑事審判を受ける可能性が高まっていく。現状を打破すべく長戸から紹介された弁護士・神崎京子(天海)は、献身的に吉永親子に向き合うものの翼に変化はない。翼は本当に殺人を犯したのか。吉永は、息子の心の叫びに耳を傾け始める。ドラマ「アンナチュラル」の演出を手掛けた塚原あゆ子氏が監督を務める。

 薬丸氏の作品が原作の映画「友罪」(公開中)に出演した佐藤は、「どちらも“加害者家族”という、子どもが殺人の罪に問われたときに、どういう形で受け止めるのかという正解のなさ……贖罪を含め、ただ『謝る』ということでは何もクリアできないという、答えがあるようでないような、そういうテーマの作品です」と解説。「できれば避けたほうがいい題材なのかもしれないけれど、この作品に我々ができるだけ逃げずに、向き合って、向かい合って、これから作品を作ろうとしています。その思いを視聴者の方々にも何か、受け止めていただきたいなと思っています」とコメントを寄せている。

 一方の天海は、「台本を読み終わり、胸の痛みが止まらずにいました。誰の、どの立場も分かるが故、とても苦しかったです。しかし、だからこそこのドラマには、意味があるのではないかと。この作品に参加させていただけて、大変光栄です。丁寧に丁寧に、心を込めて演じたいと思います」と意気込みを語っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です