仮面ライダー出身・飯島寛騎の“何気ないコメント”に、横浜流星ショック(AbemaTIMES)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:横浜流星、飯島寛騎

24日、映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』の公開記念舞台あいさつが都内で行われ、主演の横浜流星、飯島寛騎、清原果耶らキャスト陣と川村泰祐監督が登壇した。

 昨日公開したばかりの本作。今後劇場に足を運ぶ方に向けて、演者それぞれが注目シーンを挙げていったところ、主演の横浜が、思わぬ“疎外感”を味わう一幕があった。

 それは、特撮ヒーロー『仮面ライダーエグゼイド』出身の飯島が放った“何気ないコメント”から発生。「今回の映画に渡部秀さんと西銘駿さんが出演なさっていて、そう、仮面ライダーの先輩方です。先輩方のお力を借りて、随分、支えられた思いがあります」と撮影現場のエピソードを披露した。

 「西銘さんとは、この作品でバンド仲間になれたり、空き時間のカラオケも、とてつもなく盛り上げて下さって…。僕もそこは、すごく助けられた思い出があります」と回顧。

コメントは受け付けていません。