今牧輝琉らが劇場と心を熱くする、テニミュ4th「青学vs聖ルドルフ・山吹」開幕(ステージナタリー)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ステージナタリー

「ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ・山吹」が、本日7月5日に東京・日本青年館ホールで開幕。これに先駆け同日、囲み取材とゲネプロが行われた。

【画像】「ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ・山吹」ゲネプロより。(他36件)

「ミュージカル『テニスの王子様』」は、許斐剛のマンガ「テニスの王子様」を原作とするミュージカル。テニミュ4thシーズンの2作目となる本公演では、脚本・作詞・演出を三浦香、音楽をYu(vague)と坂部剛、振付を梅棒・遠山晶司とYOUが担当する。

本作では、都大会に出場した青学が聖ルドルフ学院中学校、山吹中学校と対戦。劇中では2校分の試合が、全33曲の楽曲に乗ってテンポ良く描かれる。可動式のパネルやスロープが移動することで、舞台上はテニスコートやベンチなどに次々と様相を変え、めまぐるしく展開する試合の局面が表された。

越前リョーマ役の今牧輝琉は、リョーマのクールさを余裕あふれるほほ笑みで、年相応な少年っぽさをコミカルな表情で演じる。さらに試合のシーンでは、セリフや力強い歌声からリョーマがテニスに情熱を注ぐさまを表現し、観客を魅了した。

不二周助役の持田悠生は、観月はじめ(三井淳平)との試合の場面で静かな怒りと容赦のないプレイを見せ、不二の底知れない強さを示す。観月を演じる三井は、流れるようなセリフ回しと挑発的な笑みで相手チームを翻弄。亜久津仁を演じる益永拓弥は、歩き方や乱暴な口調で亜久津の素行の悪さを表す。その一方、亜久津がリョーマとの試合の中でテニスへの向き合い方を少しずつ変える様子を、益永は表情の変化で巧みに表現した。

ゲネプロ前の囲み取材には今牧、持田、三井、益永が出席。今牧は「また熱い夏がやって来ました! 今回は2校分の試合があるので、新たな違った人間関係やドラマを観られると思います」「試合だけではなく、日常シーンも楽しんで」とメッセージを送る。

初日を迎えた心境を尋ねられた持田が「今から足が震えます。緊張してます!」と簡潔に回答すると、隣の三井から「不二なのにコメントが薄い!(笑)」と即座にツッコミが入り、座組の仲むつまじさをのぞかせる。また持田は本作の見どころを「今回は(不二周助の)弟の不二裕太が登場します。裕太への思いや、観月はじめへの思いにぜひ注目して」とアピールし、「お客様に『今日はハッピーな1日だった』と感じてもらえるよう、全員が全力で駆け抜けます。ご来場お待ちしています」と呼びかけた。

益永は「亜久津の過去や、彼がリョーマに執着する理由が見どころ。リョーマと亜久津の試合にはいろいろなドラマがあるので、特に注目してほしいです」と述べ、「『テニスの王子様』の原作やアニメ、ミュージカルファンの方だけではなく、実際にテニスをプレイされている方にも勇気を与えられる作品にしたい」と意気込みを語った。

三井は「まさに観月はじめのように、僕も徹底的に調査を重ねて役作りをしてきました」と話し、「テニミュ4thシーズンでは、作り手も演者も原作を再現することを追求しているので、『テニスの王子様』ファンの皆さんに楽しんでもらえると思います。今回は2校分の試合があるのでボリューミーですし、ご期待ください」と笑顔を浮かべた。

最後に今牧が「7月になり、さらに暑くなりそうです。申し訳ないのですが、劇場は外よりもっと“アツい”です! お客様に心を熱くしてもらえるよう、男たちの熱いテニスの試合をお届けできれば」とあいさつし、取材は終了した。

上演時間は休憩20分を含む約3時間25分を予定。日本青年館ホール公演は7月5日から16日まで。本作はその後、22日から31日まで大阪・メルパルク大阪 ホール、8月11日から13日まで福岡・キャナルシティ劇場、18日から28日まで東京・天王洲 銀河劇場でも上演される。

なおDMM.comでは、本日7月5日17:30開演回、8月20日12:00開演回と17:30開演回、27日12:00開演回と17:30開演回、28日12:00開演回を配信。こちらではライブ配信のほかアーカイブ配信も行われる。詳細は公式サイトで確認しよう。

■ 「ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学(せいがく)vs聖ルドルフ・山吹」
2022年7月5日(火)~16日(土)
東京都 日本青年館ホール

2022年7月22日(金)~31日(日)
大阪府 メルパルク大阪 ホール

2022年8月11日(木・祝)~13日(土)
福岡県 キャナルシティ劇場

2022年8月18日(木)~28日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:許斐剛「テニスの王子様」(集英社 ジャンプコミックス)
脚本・作詞・演出:三浦香
音楽:Yu(vague)、坂部剛
振付:遠山晶司、YOU

□ キャスト
青学(せいがく)
越前リョーマ:今牧輝琉
手塚国光:山田健登
大石秀一郎:原貴和
不二周助:持田悠生
乾貞治:塩田一期
菊丸英二:富本惣昭
河村隆:大友海
桃城武:寶珠山駿
海堂薫:岩崎悠雅
堀尾聡史:りょうた
加藤勝郎:戸塚世那
水野カツオ:市川愛大

聖ルドルフ
赤澤吉朗:奥村等士
観月はじめ:三井淳平
柳沢慎也:久保侑大
木更津淳:佐藤光
野村拓也:八重澤就土
不二裕太:石原月斗
金田一郎:二宮来夢

山吹
南健太郎:桑原勝
千石清純:TAISEI
亜久津仁:益永拓弥
東方雅美:灰塚宗史
新渡米稲吉:松原凛
室町十次:寺島レオン
喜多一馬:内野楓斗
壇太一:橋本悠希

不動峰
橘桔平:GAKU
神尾アキラ:毎熊宏介
伊武深司:土屋直武

井上守:北代高士

テニミュボーイズ
池田雅也:大野紘幸
明石陸、栗原樹、本間一稀

※赤澤吉朗の「吉」は土に口が正式表記。

(c)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。