今井翼の生涯ベスト映画、最近感銘を受けた作品は?【あの人が見た名作・傑作】(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

映画を見に行こうと思い立ったとき、動画配信サービスで作品を鑑賞しようとしたとき、何を見れば良いのか分からなかったり、選択肢が多すぎて迷ってしまうことは誰にでもあるはずです。

 映画.comで展開する新企画「あの人が見た名作・傑作」は映画業界、ドラマ業界で活躍する著名人がおすすめする名作、傑作をご紹介するものです。第5回は、「TELL ME hideと見た景色」で映画初主演を飾った今井翼さんです。

【紹介してくれた人:今井翼】

 1995年から芸能活動を始め、俳優、歌手、タレントとして映画、テレビ、舞台など多彩なジャンルで活躍。2020年、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」、「おじさんはカワイイものがお好き。」などに出演。映画では「終わった人」(18)、「彼女が好きなものは」(21)など。7月8日に封切られる「TELL ME hideと見た景色」で銀幕初主演を務め、hideの実弟・松本裕士を熱演した。

●「男はつらいよ」シリーズ 古き良き日本の人間模様、寅さんの自由奔放さ…

――今井さんにとって、生涯のベスト映画は何ですか?

 今井:「男はつらいよ」シリーズです。

――このシリーズが、今井さんの心を揺さぶり続けるのは何故だと思いますか?

 今井:古き良き日本の人間模様、寅さんの自由奔放さ、旅先で出会う人たちとの時間が、温かくて穏やかな気持ちになります。

――この作品との出合いは、ご自身の俳優人生にどのような影響を及ぼしましたか??

 今井:山田洋次監督とは僕が30代の頃にお仕事を通して出会い、厳しさの中に、まさに「男はつらいよ」の作品のように温かい心をもって接してくれました。山田監督との出会いが、お芝居の難しさと楽しさを教えてくれ、その後の俳優人生の契機となったことは間違いありません。

【「男はつらいよ」シリーズ作品情報】
山田洋次監督による国民的人情喜劇は、第1作「男はつらいよ」が1969年8月27日に公開。「桜が咲いております」――。記念すべき第1作は、渥美清さん扮する主人公・車寅次郎のナレーションから始まる。16歳のときに父親とケンカして家を飛び出し、旅回りのテキ屋稼業を生業とする「フーテンの寅」こと寅次郎が、何かの拍子に故郷・柴又に戻ってきては騒動を巻き起こす様子が人気を呼んだ。

毎回旅先で出会った「マドンナ」に一目惚れしながら、失恋するか身を引くかして成就する気配は一向にない。寅次郎の恋愛模様を、今となっては文化的価値を見出すことができる日本各地の美しい風景を背景に描いている点も見どころのひとつといえる。2019年には、シリーズ50周年記念作品として「男はつらいよ お帰り 寅さん」が製作され、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らに加え、96年に死去した渥美さんが出演。さらに歴代マドンナとして後藤久美子、浅丘ルリ子、夏木マリが顔を揃え、オールドファンを喜ばせた。

●「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」 寅さんの正義感が良く表れた作品

――最近見たなかでは、どのような作品に感銘を受けましたか?

 今井:「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」です。

――もっともグッときたシーン、ポイントはどのようなところでしたか?

 今井:「男はつらいよ」の中で、相変わらず周りの人を困らせてしまうんだけれど、寅さんの正義感が良く表れた作品です。ドタバタがありながらも、寅さんの困っている人を助けたいという思いが周りの人を動かし、人と人の繋がりの温かさを感じるところが、とても好きです。

【「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」作品情報】
1976年7月24日に封切られたシリーズ17作目の主舞台は、兵庫県龍野市。上野の焼鳥屋で知り合った風変わりな老人を気の毒に思った寅さんはとらやに連れ帰るが、その老人は日本画の大家・池ノ内青観(宇野重吉)だった。世話になったお礼にと描いた絵をめぐり、とらやは大騒動に。旅に出た寅さんは、兵庫・龍野で青観と再会する。市長の接待を受け、知り合った芸者・ぼたん(太地喜和子)とはすぐに意気投合。しばらくして、客に貸した200万円を踏み倒されそうになったぼたんが上京。あまりにも理不尽な事態に、寅さんは憤慨する……。

●「TELL ME hideと見た景色」 ライヴシーンは見逃さないで!

――「TELL ME hideと見た景色」についても聞かせてください。最も注力したのは、どのようなところでしたか?

 今井:弟として、パーソナルマネージャーとして、hideさんが残したものを守り抜いていくという強い気持ちです。

――ひとつに絞り切れないとは思いますが、「ここだけは見逃さないで!」というシーンを教えてください。

 今井:ライヴシーンです。残されたメンバーでのアルバム制作やライヴの準備はなかなか上手く進みませんでしたが、このライヴシーンで、メンバーやスタッフだけでなく、戸惑っていたファンの想いも解き放たれた瞬間でした。

今井翼主演映画「TELL ME hideと見た景色」(7月8日公開)

ロックミュージシャンhideの実弟・松本裕士氏の著書「兄弟 追憶のhide」(講談社文庫刊)を映画化するもの。1998年、日本を代表するロックミュージシャンのhideが急逝。葬儀には約5万人が訪れ、早すぎる別れに涙した。制作途中だったアルバム、既に決定していた全国ツアーや数々のスケジュール……。本人不在という異例の状況下で、hideの弟でパーソナルマネージャーを務めるヒロシは、hideの意志を形にすべく、共同プロデューサーのI.N.A.ら仲間たちと多くの困難を乗り越えていく。今井のほか、塚本高史、JUON、津田健次郎が出演している。

「TELL ME hideと見た景色」全国の上映館情報
https://eiga.com/movie/96293/theater/

コメントは受け付けていません。