“人魚の涙”で甦ったフェニックス 茅森早香の高火力麻雀でファイナル圏内の4位浮上/麻雀・大和証券Mリーグ(AbemaTIMES)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:インタビューで笑顔を見せる茅森早香

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」1月25日の2回戦で、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が自信7勝目、チーム18勝目を挙げた。1月22日の2回戦で魚谷侑未(連盟)が涙の勝利を挙げて以降、最下位に低迷していたセガサミーフェニックスは直近5戦4勝と完全復活。チーム名通りの不死鳥ぶりで、またたく間にファイナルステージ進出圏内の4位まで浮上した。

 2回戦の対局者は起家から渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)。佐々木と茅森が1回戦からの連闘となった。

 1月22日の1回戦で魚谷がラスを喫した時点で、セガサミーフェニックスのチームポイントは▲305.1。ファイナルステージに進出できる4位はおろか、6位からも200ポイント以上離された最下位という苦境に立たされていた。しかし同日の2回戦で、不調が続いていた魚谷が執念の復活勝利。“最速マーメイド”が涙を流しながら灯した希望の炎を、チームの大黒柱・近藤誠一(最高位戦)がさらに大きく燃え上がらせた。

 1月24日の対局では、近藤が連闘で2連勝を達成。順位は最下位ながらもチームポイントを▲121.7まで一気に回復させ、リーグ最終盤戦を大接戦に持ち込んだ。そして満を持して起用されたのが、鋭い読みと大胆な攻めっぷりで“天才”と称される茅森だ。「監督がデータを取っていて、3人とも連闘のほうがいいとわかった」と茅森が語ったように、それぞれが1日2回の対局を行うというチーム戦術を確立し、一気に上位進出を狙った。

コメントは受け付けていません。