人気の「住みたい街」にあえて住まない人たちが注目している「足立区」の利便性とバランス感覚(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

筆者は地方都市の出身で、学校を卒業し、社会に出てからしばらくは郊外や地方都市で生活していました。10年ほど前に仕事の都合で都内に転入するまでは、東京を訪問する機会もなく、東京に関する具体的な知識もほとんどありませんでした。

【画像】知る人ぞ知る「足立区」の魅力を見る

 隅田川以東の下町も当初は自分の意思で選んだわけでもなく、ただ勤務先からの指示で、成り行きで暮らすことになったものです。しかしそんな下町エリアに暮らし始めて、最も奇異に感じたことのひとつが、職場の同僚や一部のメディアで語られる「足立区」のイメージと、実際に仕事で訪問して目にしたイメージのギャップでした。

 一部で語られる「足立区」のイメージの詳細を、今この場で改めて語ることは控えますが、筆者の目から見れば、むしろ整然とした区画割りの郊外型都市が広がる足立区が、どうしてあのようなネガティブな先入観を持って語られることがあるのか不思議だったのです。

 実際のところは、ターミナル駅としても著名で、その利便性の良さから人気が高く賃料相場も高めの北千住も足立区です。ネガティブな先入観についてはさしたる根拠にも基づかない話で、あまり真剣に議論する必要もないことのかもしれません。

 しかしそれにしても、時に大手の商業メディアにおいても、足立区を語る際はこの手の風評が採用されている機会を目にすると、むしろ筆者は、逆にそのあまりに一面的なイメージの裏側に、隠された魅力やメリットがあるのではないのかと考えてしまいます。

 例えば商売上の立地選定など、たとえそのイメージが信ぴょう性に欠ける風説に基づいたものであったとしても、土地の持つイメージが重要となる場面はあるかもしれません。また、在学中の子どもがいる家庭は、入学を希望する学校までの通学など、子どもの教育環境も住まいの重要な選択肢のひとつとなると思います。

 しかし、当連載で想定しているような、こと「拠点作り」と言う視点で考えた場合、イメージの良しあしは重要でないどころか、むしろイメージの悪さを逆手に取って利用する位の方が良いのです。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。