井上芳雄、朝夏まなと講師の「シークレット・ゼミ」第2弾に「“宝塚の極意”はもう鉄板テーマ」(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

WOWOWプライム「WOWOWオリジナルミュージカルコメディ 福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』」第63回の出演者より、コメントが到着した。

【画像】「WOWOWオリジナルミュージカルコメディ 福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』」#63のミュージカル講座より。(他9件)

ミュージカル講座「シークレット・ゼミ」では、昨年9月に放送された“宝塚男役の極意”の第2弾として、第1弾に続き元宝塚宙組トップスター・朝夏まなとが講師として登場。井上芳雄、浦井健治、川久保拓司、吉野圭吾が生徒役を務める。収録を終え、井上は「第1弾がとても好評だったので、第2弾です。“宝塚の極意”はもう鉄板テーマなんだな、って確信しましたね(笑)。今回は吉野圭吾先輩がしっちゃかめっちゃか掻き回してくださいましたし、浦井くんも独自の世界を展開してくれて。そういう意味では、よりテーマが広がったんじゃないかなと。みんなでワイワイ、楽しく学べました」と語る。

朝夏は「今回は、ベテラン俳優の方々が身を粉にして(笑)、一生懸命に“宝塚の極意”に挑む姿が美しいです! あんなにもフレッシュにやってくださると、生きる希望が見えてくるんじゃないでしょうか。きっとそれが画面越しにも伝わると思います!」、浦井は「それにしても吉野圭吾さんの炸裂ぶりがすごかった! 僕もこの後『ガイズ&ドールズ』という作品で、スーツを着ていろいろと立ち回るので、今回学んだことを活用出来るように精進していけたらなと思います。『ガイズ~』の現場にも元トップスターの明日海りおさん、望海風斗さんがいらっしゃるので、今日学んだみたいに率先して質問していこうと。『グリブラ』で贅沢な時間を過ごしましたチャンチャン♪で終わらせないで、ほかの仕事にも活かせるように頑張ります!」とコメントした。

吉野は「僕、本当に宝塚が大好きなんです。昔、『宝塚BOYS』という舞台に出演していたので、宝塚にいた気になっているんですよね(笑)。だからすごく宝塚の方に、勝手に親しみを感じているんですよ。今回は、本当に生徒の気分でしっかり学ぼうと思って臨みました。僕だけじゃなく、皆が全力で生徒になりきって頑張りました」、コーナーで相手役を演じた堤梨菜は「緊張しましたが、皆さんがスマートに導いてくださったので、絶対の信頼を置いて流れに身を任せ、ただただ純粋に楽しんでしまいました(笑)。宝塚をよくご存じの方は『そうそう、それそれ!』と楽しめると思いますし、宝塚を観たことのない方も、男役は男性の美学の頂点だと思いますので、素敵な男性像が具現化されていくところを見て楽しんでいただけるのではないでしょうか」と述べた。

ミュージックショーのコーナーでは、井上と番組初登場の土居裕子が、ミュージカル「リトルプリンス」より「シャイニングスター」、「Daiwa House Special 音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」に出演する大野拓朗と甲斐翔真が、サザンオールスターズの楽曲で、劇中歌として使用される「真夏の果実」を歌唱する。井上は「シンプルだけどすごく力強い、素晴らしい曲です。土居さんの声を聴くだけで『リトルプリンス』の世界に戻れるような気がしますね。劇中では僕、この曲は歌っていなくて、公演では毎回聴きながら心を動かされていたんです。今回一緒に歌わせていただいて、それを形に残せたことがすごく嬉しい」、土居は「この『シャイニングスター』は、原作の『星の王子様』のエッセンスがいっぱい詰め込まれている一曲なので、これを聴くだけでも世界観が伝わるんじゃないでしょうか。今後また何らかの形で舞台になった時はぜひ観ていただきたいですし、原作も読んでみていただけたらいいなと思いました」と話す。

大野は「『クラウディア』には『真夏の果実』以外にもサザンオールスターズさんの曲がたくさんちりばめられていて、それが物語と上手く絡んで、素敵な世界観を生み出しています。その片鱗を少しでも『グリブラ』で感じていただいて、7月の舞台を楽しみにお待ちいただけたらなと思います」、甲斐は「初めての『グリブラ』で、とても楽しく歌わせていただきました。今後、音楽劇『クラウディア』という作品の中で、この有名な楽曲をどう表現していくかが、これからの僕の課題になってくるかなと。ぜひ舞台もご覧いただけたらと思います」とそれぞれ公演への来場を呼びかけた。

■ 夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」出演者コメント
□ 井上芳雄
第1弾がとても好評だったので、第2弾です。“宝塚の極意”はもう鉄板テーマなんだな、って確信しましたね(笑)。今回は吉野圭吾先輩がしっちゃかめっちゃか掻き回してくださいましたし、浦井くんも独自の世界を展開してくれて。そういう意味では、よりテーマが広がったんじゃないかなと。みんなでワイワイ、楽しく学べました。宝塚の“階段”の幅は僕は知っていましたけど、もっと狭いかと思っていましたね。本来はあそこに照明があって、ヒールの靴を履いて立ったらまた感覚が違って来るんじゃないかな。だから、次回はもっと条件を“本物”に近づけてやってみたいですね。

□ 朝夏まなと
前回の“宝塚男役の極意” では勝手がわからずすごく緊張していたんですが、今回は伸び伸びとやらせていただきました。メンバーの皆さん、ベテランの方々なのにとても謙虚に学ぼうとされる姿勢、そしてエンターテインメント感覚が素晴らしくて、私もメチャメチャ笑ってしまいました(笑)。今回は、ベテラン俳優の方々が身を粉にして(笑)、一生懸命に“宝塚の極意”に挑む姿が美しいです! あんなにもフレッシュにやってくださると、生きる希望が見えてくるんじゃないでしょうか。きっとそれが画面越しにも伝わると思います!

□ 浦井健治
元トップスターの方に直々に教えていただける、とても幸せで贅沢な時間でした。今後も第3弾、第4弾と続いて、何人ものトップスターの方と一緒に……なんてさらに贅沢な展開も期待しちゃいますね。それにしても吉野圭吾さんの炸裂ぶりがすごかった! 僕もこの後「ガイズ&ドールズ」という作品で、スーツを着ていろいろと立ち回るので、今回学んだことを活用出来るように精進していけたらなと思います。「ガイズ~」の現場にも元トップスターの明日海りおさん、望海風斗さんがいらっしゃるので、今日学んだみたいに率先して質問していこうと。「グリブラ」で贅沢な時間を過ごしましたチャンチャン♪で終わらせないで、ほかの仕事にも活かせるように頑張ります!

□ 吉野圭吾
男性と男役ってやっぱり違うじゃないですか。自分自身を美しく見せるだけでなく、相手をきれいに見せるための男役でもある、そういうことをすごく学べましたね。僕、本当に宝塚が大好きなんです。昔、「宝塚BOYS」という舞台に出演していたので、宝塚にいた気になっているんですよね(笑)。だからすごく宝塚の方に、勝手に親しみを感じているんですよ。今回は、本当に生徒の気分でしっかり学ぼうと思って臨みました。僕だけじゃなく、皆が全力で生徒になりきって頑張りました。

□ 堤梨菜(相手役)
私はCASPELというボーカルグループに入っていまして、ほかのメンバーが「グリブラ」でコーラスとして参加していたので、いつか私も歌で関われたら……と願っていました。今回このような形で実現して、驚きと嬉しさでいっぱいです。緊張しましたが、皆さんがスマートに導いてくださったので、絶対の信頼を置いて流れに身を任せ、ただただ純粋に楽しんでしまいました(笑)。宝塚をよくご存じの方は「そうそう、それそれ!」と楽しめると思いますし、宝塚を観たことのない方も、男役は男性の美学の頂点だと思いますので、素敵な男性像が具現化されていくところを見て楽しんでいただけるのではないでしょうか。

■ ミュージックショーコーナー出演者コメント
□ 井上芳雄
シンプルだけどすごく力強い、素晴らしい曲です。土居さんの声を聴くだけで「リトルプリンス」の世界に戻れるような気がしますね。劇中では僕、この曲は歌っていなくて、公演では毎回聴きながら心を動かされていたんです。今回一緒に歌わせていただいて、それを形に残せたことがすごく嬉しいですね。日本のオリジナルミュージカルから、一曲だけを切り取っても成立するような曲がどんどん出て来たらいいなと思っていて、これはそれが出来る曲だなと思いました。オリジナルキャストの土居さんが歌う「シャイニングスター」を画面を通して観ていただけるのは、僕もいちファンとして嬉しいです。たとえ物語を知らなくても何かが心に残る、そんな素敵な音楽をお届けしたいと思います。

□ 土居裕子
この曲をまた歌えるとは思っていなかったので、お話をいただいたときは「絶対にやります!」と即答しました。とても嬉しかったです。芳雄さんとは大学の先輩・後輩の間柄で、確かな歌唱力をお持ちで、歌もそうですがお芝居も素晴らしい方なんですよね。「リトルプリンス」という作品でがっつりと共演させていただいたことは、本当に幸せだったな~って今、あらためて思います。この「シャイニングスター」は、原作の「星の王子様」のエッセンスがいっぱい詰め込まれている一曲なので、これを聴くだけでも世界観が伝わるんじゃないでしょうか。今後また何らかの形で舞台になった時はぜひ観ていただきたいですし、原作も読んでみていただけたらいいなと思いました。

□ 大野拓朗
やっと「グリブラ」で歌うことが出来て、幸せでした~。この曲はサザンオールスターズさんの、歴史に残ると言っても過言ではない、日本を代表する曲の一つですよね。これから挑む音楽劇「クラウディア」に向けて、もっと練習して、歌い込んでいきたいです。「クラウディア」には「真夏の果実」以外にもサザンオールスターズさんの曲がたくさんちりばめられていて、それが物語と上手く絡んで、素敵な世界観を生み出しています。その片鱗を少しでも「グリブラ」で感じていただいて、7月の舞台を楽しみにお待ちいただけたらなと思います。

□ 甲斐翔真
僕はこの楽曲がヒットした当時の世代ではないけれど、サザンオールスターズさんの名曲の1つとして知っていて、カラオケでいつも歌う大好きな曲です。ミュージカルナンバーではない楽曲を番組で歌うことはこれまでなかったと思うので、ご覧になる皆様に、また新しい一面を見ていただけることが嬉しいですね。初めての「グリブラ」で、とても楽しく歌わせていただきました。今後、音楽劇「クラウディア」という作品の中で、この有名な楽曲をどう表現していくかが、これからの僕の課題になってくるかなと。ぜひ舞台もご覧いただけたらと思います。

■ WOWOWプライム・WOWOWオンデマンド「WOWOWオリジナルミュージカルコメディ 福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』」#63
2022年6月24日(金)22:00~

□ ミュージカル講座「シークレット・ゼミ」“宝塚男役の極意”
企画・演出:福田雄一
レギュラー出演:井上芳雄
ゲスト出演(五十音順):朝夏まなと(講師)、浦井健治、吉野圭吾

□ ミュージックショーコーナー
「シャイニングスター」(音楽座ミュージカル「リトルプリンス」より)
出演:井上芳雄、土居裕子

「真夏の果実」(「Daiwa House Special 音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」より)
出演:大野拓朗、甲斐翔真

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。