二階堂亜樹が今期初の卓内トップ/麻雀・鳳凰戦A2リーグ第3節D卓(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」へとつながる第35期鳳凰戦A2リーグの第3節D卓が6月19日、東京都・夏目坂スタジオで行われ、二階堂亜樹が今期初のプラスとなる+35.0で卓内トップを取った。

 第1節、第2節と苦戦を強いられリーグ最下位に沈んでいた二階堂は、この日も1回戦3着、2回戦ラスと苦しい前半戦だったが、後半の3回戦でトップを取ると勢いをそのままに4回戦も連勝。リーグ順位も1つ上げて、最下位を脱出した。「今期初のトップで、プラスで終えられたことは大きい。まずは1つ1つ順位を上げていきたい」と、復調の兆しに笑顔も見えていた。

【試合結果】
1位 二階堂亜樹 +35.0
2位 山田浩之 +8.1
3位 刀川昌浩 +3.0
4位 麓征生 ▲46.1

 ◆鳳凰位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つで、30年以上の歴史がある同連盟最高峰タイトル。A~Eまで計11のリーグに分かれている。A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。