二兎社「鴎外の怪談」再演の開幕に永井愛「鴎外の書斎が劇世界へと広がった」(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

二兎社公演45「鴎外の怪談」東京公演が、11月12日に東京・東京芸術劇場 シアターウエストで開幕した。

【画像】二兎社公演45「鴎外の怪談」より。(撮影:本間伸彦)(他1件)

「鴎外の怪談」は2014年に初演された作品。同作はハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞したほか、作・演出を手がけた永井愛が芸術選奨文部科学大臣賞に輝いた。劇中では、表現の自由を求める文学者でありながら、国家に忠誠を誓う軍医でもあった森鴎外の内面が、家庭生活の場から描かれる。再演となる今回の出演者には森林太郎(鴎外)役の松尾貴史、鴎外の妻・森しげ役の瀬戸さおりのほか、味方良介、渕野右登、木下愛華、池田成志、木野花が名を連ねた。

初日を経て永井は「今回は稽古時間も充分にあり、本番前に何度も通し稽古をすることができたのに、初日を迎えて、初めてわかったことがいろいろとあったんです。客席の反応で、稽古では気づけなかったことが見えてくる。観客が欠かせない存在であることを肌身にしみて感じました。この空間を共有してくれたお客さんの目によって、舞台上の鴎外の書斎が、人間の普遍的な物語が展開する劇世界へと広がった気がします」とコメントした。

東京公演は12月5日まで。本作はその後、来年1月24日まで全国を巡演する。

■ 二兎社公演45「鴎外の怪談」
2021年11月7日(日)※公演終了
埼玉県 富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

2021年11月12日(金)~12月5日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

2021年12月16日(木)
長野県 サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター

2021年12月19日(日)
山形県 東ソーアリーナ

2021年12月25日(土)
滋賀県 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

2022年1月8日(土)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター

2022年1月10日(月・祝)
山口県 山口県立劇場 ルネッサながと

2022年1月13日(木)
静岡県 富士市文化会館ロゼシアター

2022年1月15日(土)・16日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT

2022年1月22日(土)
北海道 七飯町文化センター

2022年1月24日(月)
北海道 大空町教育文化会館

作・演出:永井愛

□ キャスト
森林太郎:松尾貴史
森しげ:瀬戸さおり
永井荷風:味方良介
平出修:渕野右登
スエ:木下愛華
賀古鶴所:池田成志
森峰:木野花
※鴎外の「鴎」は旧字体が正式表記。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。