乃木坂46・山下美月、自身の演技に「納得できたこと一度もない」 さらなる成長を目指す(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

乃木坂46の3期生・山下美月が演技での活躍を見せている。今年に入り、『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系/1~3月)、『着飾る恋には理由があって』(TBS系/4~6月)と続き、10月11日スタートのドラマ『じゃない方の彼女』(テレビ東京系/毎週月曜23時6分)ではヒロイン役に。作品を追うごとに存在感を増す山下だが、自身の演技には「納得できたことが一度もない」と語り、さらなる成長を目指す。

【写真】カーディガンが脱げ、ノースリーブ姿に “天然魔性の女子大生”役の山下美月

■驚きのシーンも「親の気持ちで見守って」

 『じゃない方の彼女』は濱田岳演じる目立つことのない人生を送ってきた既婚者の男性が、山下ふんする“天然魔性の女子大生”に出会うことで、妻と妻じゃない方の彼女との間で揺れ動く不倫コメディー。“不倫”といってもコミカルなテイストの作品だが、現役アイドルが演じるには驚くようなシーンも登場する。

――山下さんは自分の出演された番組の反応を欠かさずチェックするそうですが、今作にはなかなか衝撃的なシーンが出てきますね。ファンの方からはどんな反応がありそうですか?

山下:未知数というか、どんな反応になるのか想像がつかないんですけど、私のファンの方々にはお父さんお母さんのような、親のような気持ちで見守っていただきたいなって。私自身はもちろん役でやらせていただいているので(笑)。最近お芝居の仕事をいろいろやらせていただいて、今回の作品も頑張って撮影しているので、ファンの皆さんにはその“本気さ”をくみ取っていただけたらと思います。

――今のお話にもありましたが、今年は演技の仕事が充実しています。これらの経験を経て、自身の成長を感じる部分はありますか。

山下:自分ではあまりよく分からなくて、自分のお芝居を見てもまだまだだなとか、“もっとこうすれば良かった”って、納得できたことが一度もないんです。でもだからこそ楽しい。やるべきことが無限にあって頑張らなきゃっていう気持ちです。

――“まだまだ”とはどういった部分で感じますか。

山下:今回だと濱田岳さんはじめ、すてきなお芝居をされる方ばかり。その中で、自分が演じている映像や、客観的に視聴者として自分が出演している作品を見ると、「ここにいて大丈夫だったかな?」「場違いじゃなかったかな?」って思ってしまって。もちろん演じているときはそんなこと思わないんですけど、そういう不安みたいなものは毎回感じています。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。