中山美穂&寺脇康文、初共演で夫婦役 波瑠主演『魔法のリノベ』第1話ゲストに(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

女優の波瑠が主演を務める7月18日スタートのドラマ『魔法のリノベ』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の初回ゲストとして、中山美穂と寺脇康文の出演が発表された。今回がドラマ初共演となる2人は、「まるふく工務店」に古民家のリノベーションを依頼する夫婦役を演じる。

【写真】中山美穂と寺脇康文が出演する『魔法のリノベ』第1話場面写真

 本作は、大手リフォーム会社で営業成績抜群のエースの立場にありながら、ワケあって男だらけの福山家が営む「まるふく工務店」に転職してきた主人公・真行寺小梅(波瑠)と、工務店の長男で、営業成績0点のバツ2シングルファザー・福山玄之介(間宮祥太朗)がバディを組み、住宅リノベ提案という“魔法”で、依頼人すら気づいていない悩みや問題をスカッと解決していく“人生再生!リノベーションお仕事ドラマ”。

 中山が演じるのは、文芸雑誌の編集長・西崎万智。仕事に邁進してきたキャリアウーマンで、費用対効果をきちんと見定めるしっかり者。一方、寺脇が演じるのは、夫でフリーライターの和則。常に明るく朗らか。少々能天気で思ったことをすぐ口にするタイプ。

 そんな対照的な2人が住む家は、昔ながらの構造と縁側が魅力の築60年の古民家。和則は間取りの古臭さがどうも好きになれず、リノベーションで広々としたリビングと和モダンのキッチンを作りたいと意欲満々。一方の万智は、あまり本音を語ろうとしないが、胸の内には何か言えない思いを秘めている様子で…。

 中山は「万智は、とっても古風な人ですね。古いものを愛していて、少し囚(とら)われていて…でも大切なものを守っていこうという気持ちの強い人なのだろうなと思います。寺脇さんとは初共演なのですが、とても気さくで明るい方で、撮影はとても楽しかったです。第一話は、古い家をリノベーションするという、ある種王道なテーマです。“あのおウチ”が、どのようにリノベーションされていくのか。やっぱりそれが一番のみどころかなと思います」と話す。

 寺脇は「自分が演じる和則は、明るくて思ったことを素直に言ってしまう裏表のない男。だからこそ悪気なく相手を傷つけてしまうところもあるのですが、とにかく明るく楽しい男です。僕自身も暗い方ではないので、そこはとてもやりやすく、撮影中は非常に気持ちのいい1日を送ることができました。非常にウキウキした弾むような男なので、逆に妻役の中山さんには、どっしり受けていただいていて、2人のバランスはすごくいいんじゃないかと思います」としている。

 月10ドラマ『魔法のリノベ』は、カンテレ・フジテレビ系にて7月18日より毎週月曜22時放送(初回15分拡大)。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。