上田晋也、芸人19人のトークバトルに爆笑 この “くだらなさ”こそ「1番のストレス解消」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也が、22日にフジテレビ系で放送される『上田晋也VS人気芸人 トーク検定2時間SP』(後8:00~9:58)でMCを務める。番組では、上田のもとにベテランから若手まで幅広い世代の芸人ゲストが集い、今一番話したい“絶対に盛り上がるだろうトーク”で火花を散らす。

【写真】ベテランから若手までトーク自慢の芸人たち

 今年4月に放送され好評だった『芸人サバイバルトーク!上田に火をつけろ』のに続くトークテーマ提案型バラエティー。今回はトーク自慢芸人たち総勢19人が集結し、渋谷凪咲(NMB48)、松村沙友理、若槻千夏らが見守る中、息つく間もなくエピソードトークを繰り広げる。

 出演する芸人は、飯尾和樹(ずん)、大久保佳代子(オアシズ)、鬼越トマホーク、柴田英嗣(アンタッチャブル)、田中卓志(アンガールズ)、ヒコロヒー、ぺこぱ、ぼる塾、マヂカルラブリー、丸山礼、見取り図、宮下草薙。それぞれ“今一番話したいテーマ”を自身出演の再現VTRとともに持ち込み、そのエピソードを語る。

 前回の放送でチャンピオンとなった見取り図・盛山晋太郎は、「ウチの毒親」のテーマで、ちょっと変わった父親との幼い頃の思い出話を披露。これにかぶせる形で、どんどん自分の親をいじったトークが飛び出し、上田がジャッジを下していく。

 密告トークも盛り上がる。宮下草薙の草薙航基は、相方・宮下兼史鷹の「こいつのヤバすぎる私生活」を暴露し、大久保佳代子にはマネージャーから「冷たいご飯を食べるの理解できません」というエピソードが届く。ヒコロヒーに至っては「身なりが汚い」というストレートな密告も。もっともスタジオを盛り上げ、上田から「芸人トーク検定」チャンピオンと認められるのは誰か…。

■上田晋也 コメント
――収録を終えて
 みんな楽しかったですよ。結構気合入りすぎてる人もいたんじゃないですか?確かに4月の放送でチャンピオンになった盛山とか、その称号があったからか、最初は多少硬くなっていたかもわからないですけどね。本当にくだらない話ばかりの連続でしたけど、こういうのこそ1番のストレス解消になるかもしれないですよね。

――見届け人の方々もトーク力がある方ばかりでした
 確かに見届け人のみなさんもそうでしたよね。だって渋谷さんなんて、芸人以上に全部のテーマに“あります!あります!”って手を挙げてましたからね。もう今度から芸人たちの席に座らせようかな(笑)。見届け人の人達も、自分の好きな話とか、聞いてほしい話を持ってきていただいて大歓迎ですよ。

――番組を楽しみにして下さっている方々へのメッセージ
 ずっと本当にくだらない話ばかりだったんですよね。でも今のご時世、例えばためになるとか、勉強になるとか、そういうのももちろん大事なんですけど、こういう何の足しにもならない、くだらない話が、僕個人として1番好きだったりするんです。そういう話題の連発が2時間味わえるっていうところが1番の見どころみたいなものですね。
 ただ、もう本当にもう一度言っときます。もう何の足しにもなりません。なんのためにもならないし、こんなの本当にね、何の情報量もないのに、デジタル放送する必要があるのかっていうぐらい。それでも、このくだらなさというのが僕は1番素敵だなと思ったりするんです。特にこのコロナ禍で、人とご飯を食べに行ってばか話をするということもできなくなりましたからね。視聴者のみなさんもそういう面白い話を集まって話したりなんて言う状況が今あまり無いでしょうから。ぜひこの番組で何かそういうなんかこう疑似的にでも、ストレス解消をやっていただければうれしいです。

【広告】

 

        美顔専門店のフェイシャルケア

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。