リブート版「クライモリ」10月15日公開! 「バイオハザード」製作コンビがプロデュース(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

作家スティーブン・キングが絶賛したホラー映画「クライモリ」をリブートした「Wrong Turn(原題)」が、「クライモリ」の邦題で10月15日にヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開されることがわかった。あわせて、ティザー予告も披露された。

【動画】「クライモリ」ティザー予告

 オリジナル版「クライモリ」は、2003年にロブ・シュミット監督、エリザ・ドゥシュク主演で公開されたサバイバルホラー。米ウェストバージニア州にキャンプに出かけた若者たちが森の中で事故に遭い、立ち往生していたところ、人間を食べる伝説の生き物マウンテンマンに遭遇する。キングがその年の年間ベストワンムービーとして絶賛し、全米で2週連続トップ10入りのスマッシュヒットを記録した。その後シリーズ化され、14年の「クライモリ デッド・ホテル」まで計6作が製作されている。

 リブート版を手掛けたのは、「バイオハザード」シリーズを大ヒットに導いたプロデューサー・コンビのロバート・クルツァーとマーティン・モスコウィック。第1作で脚本を担当したアラン・B・マッケルロイが再び脚本を執筆し、「ザ・ドメスティックス」で注目を集めたマイク・P・ネルソン監督がメガホンをとった。

 主人公のジェン役を演じるのは、スペイン出身の女優で、スーパーモデルとしても活躍する新鋭シャルロッテ・ベガ。ジェンの父親役には、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」「フルメタル・ジャケット」などで活躍するマシュー・モディーンが起用された。

 ティザー予告は、主人公らが森に迷い込むシーンから始まる。頭上から丸太が転がり落ち、逃げ惑う若者たち。少女の歌声が響き渡る中、次々と恐ろしい罠にかかっていく。映像には、「あの森には、人ならざる魔物が住んでいる」というセリフとともに、謎めいた姿も映し出され、恐怖心を煽る。

【広告】

SUNMEDICAL

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。