ユアン・マクレガーは初めてのライトセーバーを自分で選んでいた――ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』から特別映像が解禁(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

Disney+の新作ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』から、主演のユアン・マクレガーがオビ=ワンというキャラクターへの思いを語る特別映像が解禁された。
オリジナル三部作でオビ=ワンを演じたアレック・ギネスに対するリスペクトや、「エピソード1/ファントム・メナス」で“はるか彼方の銀河系”へ初参加した際の思い出について語られており、ファンには見逃せない内容となっている。

「オビ=ワン・ケノービ」画像・動画ギャラリー

映像ではまずユアン・マクレガーと「スター・ウォーズ」との出会いが語られる。この映画を初めて見たとき「完全に圧倒された」というマクレガーは、老年期のオビ=ワン・ケノービを演じた同じイギリス出身の名優、アレック・ギネスの演技を「最高に素晴らしかった」と称賛。その若い頃を演じる機会を得たことについて「本当に興奮した」と語る。
続いてマクレガーは「エピソード1/ファントム・メナス」撮影時の思い出を披露。なかでも特に興味深いのが、ライトセーバーについてのエピソードだ。
撮影スタジオで小道具係から大きな箱を渡されたマクレガー。箱の中にはさまざまなデザインのライトセーバーが入っており、彼はその中から、作品内で使用するライトセーバーを自分で選んだのだという。当時まだ20代のマクレガーが「これが一番好きです」と言って自分のライトセーバーを手に取る瞬間は、まるでハリー・ポッターが初めての杖を選ぶシーンのように運命的なものを感じさせる。「あの瞬間は忘れない」と語るマクレガーだが、ここからすべてが始まったのだ、と思えばファンにとってもたいへん感慨深い(といってもこのライトセーバーはナブーで失われてしまうのだが……)。

自身のキャリアにとっても重要なシリーズというだけあって、ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』に対するマクレガーの思い入れには並々ならぬものがあるようだ。十数年ぶりにオビ=ワンを演じるにあたっては、その声を取り戻すだけでも数カ月の時間を要したのだそう。しかしそれでも、本作への参加はプリクエル三部作での経験を上回るものを彼に与えたのだという。
ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は2022年5月27日(金)より、Disney+にて独占配信。当日16:00から初回の2話が視聴可能となる。「エピソード1/ファントム・メナス」で繰り広げられた激しいライトセーバー戦についての秘話は、以下の動画からチェックしてみよう。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。