モリー・リングウォルド、アンドリュー・マッカーシーの息子と共演した新作を語る(シネマトゥデイ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:左から、メリッサ・ミラー・コンスタンゾ監督とモリー・リングウォルド

映画『ブレックファスト・クラブ』『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』やテレビシリーズ「アメリカン・ティーンエイジャー ~エイミーの秘密~」のモリー・リングウォルドが、新作『オール・ディーズ・スモール・モーメンツ(原題)/ All These Small Moments』について、1月16日(現地時間)、メリッサ・ミラー・コンスタンゾ監督と共に、ニューヨークのAOL開催イベントで語った。

【写真】今と印象が違う?3年前のモリー

 ティーンエイジャーのハウィー(ブレンダン・マイヤー)は、毎日バスで見かける年上の女性オデッサ(ジェマイマ・カーク)に恋心を抱いていた。ハウィーは、家を出て行くと言い出した父親にいら立つ母親(モリー)をなだめたり、弟サイモン(サム・マッカーシー)の面倒を見たりしながら、オデッサとの関係を深めていく。コンスタンゾ監督にとって、初の長編監督作品。

コメントは受け付けていません。