ムロツヨシ、2年前撮影の主演作は“暴露系YouTuber”がテーマ!「この時代をよく読み取れた」と感心しきり(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

献身的な男が暴露系YouTuberに変ぼうする異色の恋愛映画「神は見返りを求める」の完成披露試写会が6月1日、都内で行われ、主演のムロツヨシをはじめ、共演する岸井ゆきの、若葉竜也、吉村界人、柳俊太郎、吉田恵輔監督が登壇した。

【動画】ムロツヨシの演技がすごい…「神は見返りを求める」本編映像

 数年前に企画が立ち上がり、2年前に撮影された本作。結果的に今、世間を騒がせる“暴露系YouTuber”がテーマになったことに、オリジナル脚本も手がけた吉田監督は「当時は規制が厳しくなって、YouTubeがもっとおとなしくなると思っていた」と振り返り、「それがどんどんひどい状態になって、おれが描いたことが時代にマッチしてしまった。今、すごく騒がれている人に影響は受けていないからね。時代がパクっているんで(笑)、それだけは忘れないでください」と念押し。ムロが「演じながら、こんなことはありえないと思っていたけど、まさかのね……。この時代をよく読み取れましたね」と感心すると、吉田監督は「本当に自分が怖い。先見の明がある!」と胸を張っていた。

 イベント会社に勤める田母神(ムロ)と、底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井)は合コンで意気投合し、協力し合いながら再生回数アップのために奮闘。良好なパートナー関係を築くが、ある事件をきっかけに亀裂が走り、互いに「見返りを求める男」「恩を仇で返す女」に豹変してしまう。

 ムロは「ヒメアノ~ル」以来となる吉田組で、「この脚本を軽く演じちゃうと、吉田さんが書いた人間の愚かさが浅く、薄っぺらになってしまうので、現場では、ひとり静かに過ごし、脚本の世界にどっぷり浸かった。受け身の芝居だし、いつもの“にぎやかツヨシ”はいらないと思った」と回想。「滑稽で愚か。だけど、ピュアな可愛さがある映画」だとアピールした。

 そんなムロの居姿を共演する岸井は「現場の隅っこで、深いキャンプ用の椅子に仏のように座っていた」と明かし、役柄については「ここまでいろんな表情を見せられる役は初めてで、楽しかった」と話していた。映画では若葉が田母神と同じイベント会社に務める後輩・梅川役、吉村が有名YouTuberのチョレイ役、柳が新進気鋭のデザイナー・村上役で出演し、それぞれにクセの強い業界人を好演している。

 「神は見返りを求める」は、6月24日から公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。