マーベル新作『シー・ハルク:ザ・アトーニー』配信開始が8.18に キャストらが語る特別映像到着(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

マーベル・スタジオの最新ドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』が、当初の配信開始予定日を変更し、8月18日よりDisney+(ディズニープラス)にて日米同時配信されることが決定。主人公の新ヒーロー<シー・ハルク>や作品についてキャストやスタッフが語る特別映像が解禁された。

【動画】『シー・ハルク:ザ・アトーニー』特別映像

 本作の主人公は、ヒーローやヴィランたちを相手に弁護をする“超人専門弁護士”としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。彼女はある日、事故をきっかけに突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまい、その強大なパワーに困惑しつつも、弁護士の仕事に立ち向かおうとする姿がユーモアも絡めながら描かれている。

 シー・ハルクことジェニファー・ウォルターズ役は、ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でエミー賞主演女優賞を受賞したタチアナ・マスラニー。そして、“アベンジャーズ”のオリジナルメンバー、ハルク(=ブルース・バナー)を演じるのは、『フォックスキャッチャー』『スポットライト 世紀のスクープ』等でアカデミー賞助演男優賞ノミネート歴も誇るマーク・ラファロ。

 さらに、『インクレディブル・ハルク』のヴィランとして知られるアボミネーション(=エミール・ブロンスキー)が本作にカムバックし、同役をティム・ロスが再び演じる。そのほか、ウォン役のベネディクト・ウォンなど、MCUのベテランたちが多数出演している。監督・プロデューサーは、映画『マリー・ミー』のカット・コイロ。

 特別映像は、「シー・ハルク!」という人々からの熱いコールに対し、ジェニファー(=シー・ハルク)が「そうです、私がシー・ハルクです」と応えるシーンから始まる。続いてジェニファーを演じるタチアナが「ジェニファーはハルクの血液に接触したことによって変身してしまった」と、シー・ハルク誕生のきっかけを明かすと、製作総指揮のケヴィン・ファイギは「法廷に立つ約200cmのハルクの姿は、奇妙で何だかシュールです」と本作の斬新な設定についてコメント。

 ジェニファーの同僚マロリー・ブック役のレネイ・エリース・ゴールズベリイは「本作は、みんながよく知っている法廷ドラマと、知っているつもりのマーベルのドラマをそのまま合体させました」と、コメディやアクションなどさまざまな要素が絶妙に掛け合わされた作品だとアピールし、ハルク役のマーク・ラファロは「皮肉めいた自分への問いかけが含まれている作風なんです」と笑顔で語っている。

 また、先日公開された予告編では、異色のヒーロー・デッドプールのように、ジェニファーが画面に向かって観客に語りかける姿(“第4の壁を越える”と呼ばれる演出)が話題に。この演出について、本作のプロデューサー兼脚本家のジェシカ・ガオは「コミックでは、シー・ハルクは第4の壁を打ち破っていた」と語り、本作でも原作コミックの設定を踏襲していたことを明かした。

 本作はコメディ要素だけでなく、ジェニファーが一人のヒーローとして成長する姿も見どころの一つ。監督のカット・コイロは「彼女は長年苦労して弁護士になったので、今さらヒーローにはなりたくないの」とジェニファーの抱える葛藤について言及。最後にマークは「これは画期的なドラマなんです」とも語り、ケヴィンも「マーベル・スタジオ作品の概念を超える」と自信をのぞかせている。

 『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(全9話)は、Disney+(ディズニープラス)にて8月18日16時より日米同時配信。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。