マシュー・ヴォーン、リブート版『キック・アス』と『キングスマン』続編、前日譚、TVシリーズを計画中(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

マシュー・ヴォーンが『キック・アス』のリブート映画と、『キングスマン』の続編、前日譚、TVシリーズを計画していると報じられている。
Empireによると、ヴォーンは新たに立ち上げた製作会社Marv Studiosを通し、『キック・アス』を新たな視点から捉え直したいと考えているようだ。そして、リブート版にはアフリカ系アメリカ人のシングルマザー、ペイシェンス・リーが登場するかもしれないという。
さらにヒットガールの単独映画が制作される可能性もある。その場合、大人になったミンディ・マクレイディ、もしくはビッグダディに育てられていた幼少期が描かれることになる。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」画像・動画ギャラリー

一方、『キングスマン』に関しては、ヴォーンはさらにフランチャイズを大きくしたいと考えているようだ。ハリーとエグジーの物語の結末を描く『キングスマン』3作目の企画や、1900年代初頭のキングスマンを描く前日譚『Kingsman: The Great Game』の話し合いが行われているという。また、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリーが主演するステイツマンの映画の話も存在するようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です