ポルノグラフィティ初の配信ライブ詳細発表、音楽でしかできないエンタメを追求(音楽ナタリー)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:音楽ナタリー

ポルノグラフィティが12月4日(金)に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催する初の配信ライブ「CYBERロマンスポルノ'20~REUNION~」の詳細が発表された。

「自分たちにしかできない、音楽でしかできないエンターテインメント」を模索したというこのライブでは、“とある最新技術”で撮影した映像やARなどを用いた演出が展開される。本日11月18日からはライブの特設サイトにてTwitterとの連動企画「MESSAGE TO REUNION」もスタートした。この企画ではメンバーに寄せられたメッセージの一部がライブ中の演出に使用される。

このライブに向け、岡野昭仁は「ライヴっていうものは、今までも十分に尊いものだったけど、ここからもっと尊く感じるんだろうと思う」、新藤晴一は「どんな手を使っても音楽を届けたいし、どんな手を使っても笑顔になってほしい」とメッセージを寄せている。視聴チケットはLIVESHIP、ローチケLIVE STREAMING、ABEMA PPV ONLINE LIVE、U-NEXTにて本日11月18日より販売中。LIVESHIPでは公式ファンクラブ会員を対象とした割引チケット、特典バッジ付きチケットの販売も行っている。

■ ポルノグラフィティ コメント
□ 岡野昭仁
ライヴっていうものは、今までも十分に尊いものだったけど、ここからもっと尊く感じるんだろうと思う。歌ってること。音を奏でていること。同じ時間を共にして興奮していること。
このありがたさを皆で全力で感じながらREUNIONしましょうよ。
これから新章が始まりまっせ。
よろしく。

□ 新藤晴一
どんな形でもライヴができるのは嬉しい。
どんな形でも繋がれるのは嬉しい。
どんな手を使っても音楽を届けたいし、
どんな手を使っても笑顔になってほしい。
どんなに離れていても、
どんなに時代が進んでも。

※記事初出時、チケットの発売日に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。