ペドロ・アルモドバル×ペネロペ・クルス 同じ日に母となった2人のシングルマザー描く「パラレル・マザーズ」11月3日公開(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

ペドロ・アルモドバル監督最新作で、ペネロペ・クルスが主演する「PARALLEL MOTHERS(英題)」が、「パラレル・マザーズ」の邦題で11月3日公開される。

 偶然同じ日に母となった2人の女性の数奇な運命、そして家族の愛と絆の新たな形を描いた衝撃のヒューマン・ドラマ。自らの人生を投影した前作「ペイン・アンド・グローリー」で絶賛されたアルモドバル監督がライフワークでもある母の物語に戻り、同じ日に母となった二人の女性の数奇な運命と不思議な絆、そしてこの困難な時代における生き方を描く。さらに、アルモドバル監督の中で年を重ねるごとに重要となっていった「スペイン内戦」をドラマの中に織り込み、深く広い多様な世界観を作り上げた。

 フォトグラファーのジャニス(ペネロペ・クルス)と17歳のアナ(ミレナ・スミット)は、出産を控えて入院した病院で出会う。共に予想外の妊娠で、シングルマザーになることを決意していた2人は、同じ日に女の子を出産し、再会を誓い合って退院する。だが、ジャニスはセシリアと名付けた娘と対面した元恋人から、「自分の子どもとは思えない」と告げられる。そして、ジャニスが踏み切ったDNAテストによって、セシリアが実の子ではないことが判明する。アナの娘と取り違えられたのではないかと疑ったジャニスだったが、葛藤の末、この秘密を封印。アナとの連絡を絶つことを選ぶ。それから1年後、アナと偶然再会したジャニスは、アナの娘が亡くなったことを知らされる。

 アルモドバル監督作の常連クルスが、答えの出ない問いを抱え続ける主人公ジャニスの複雑な心情を、揺れる眼差しで体現。想定外の妊娠に戸惑う17歳のアナ役には、長編映画2作目の出演となるミレナ・スミット。無垢なアナを繊細に演じ切った。そして、「母性本能がない」と自称するアナの母親テレサ役に、「マシニスト」のアイタナ・サンチェス=ギヨン。アルモドバルファンにはおなじみのロッシ・デ・パルマも出演。

 ジャニスというキャラクターについてアルモドバル監督は、「緊張感やドラマがあり、これまでにないような主人公を描いた。ジャニスは、ペネロペが私の監督作やその他の作品で演じた中で最も難しい役であり、おそらく最も心を痛めた役だろう。結果として、彼女が演じる役はいつもそうだが、今回も本当に素晴らしいものだよ」と語っている。

 クルスの演技は世界的に高く評価され、昨年のベネチア国際映画祭では最優秀女優賞に輝き、他にもパームスプリングス国際映画祭、ナショナル・ボード・オブ・レビュー、ロサンゼルス映画批評家協会賞など数々の海外映画賞で主演女優賞を獲得。第94回アカデミー賞では主演女優賞に加えて、作曲賞にもノミネートされた。さらに作品としても、ゴールデングローブ賞(非英語映画賞)や英国アカデミー賞など多くの映画賞で作品賞にノミネートされるなどの評価を得た。

 11月3日からヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテ他公開。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。