ベン・スティラー&ケイト・ブランシェット、リメイク版「電撃スパイ作戦」に出演(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

1960年代の人気テレビシリーズ「電撃スパイ作戦」が、映画としてリメイクされることがわかった。米バラエティによれば、ベン・スティラーとケイト・ブランシェットが主演し、スティラーは監督も手がける。

 英ITVで計30話が放送された「電撃スパイ作戦」は、秘密諜報組織のエージェント3人が乗った飛行機がヒマラヤ山中に墜落し、チベットに住む高度に進化した民族に救出される。そこでテレパシー、怪力、超人的記憶力などを授けられた3人は、もとの世界に戻るとその新しい特殊能力を駆使して正義のために活躍する、というストーリー。英TV界の重鎮で「サンダーバード」(1965~66)や「アベンジャーズ」(1961~68)を手がけたデニス・スプーナーが企画、「セイント/天国野郎」(1962~69)のモンティ・バーマンがプロデュースし、スチュアート・デイモン、アレクサンドラ・バステード、ウィリアム・ゴーントが主演した。新作は、ブランシェットの製作会社ダーティ・フィルムズと、スティラーの製作会社レッド・アワー・プロダクションズがプロデュースする。

 ブランシェットは、イーライ・ロス監督が人気ゲームシリーズを映画化する「ボーダーランズ(原題)」の撮影が先頃クランクアップしたばかり。現在はトッド・フィールド監督の新作「Tar(原題)」を撮影中。また、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・ローレンスと共演したアダム・マッケイ監督作「ドント・ルック・アップ」がNetflixで12月24日から配信、ブラッドリー・クーパーと共演したギレルモ・デル・トロ監督作「ナイトメア・アリー」が22年2月25日から日本公開される。

 スティラーは現在、アダム・スコット、パトリシア・アークエットと共演するアップルの新ドラマ「Severance(原題)」を撮影中で、監督も務めている。また、ジャーナリストのレイチェル・マドーのポッドキャストをもとにした映画「Bag Man(原題)」や、作家ジョー・ネスボの短編小説をオスカー・アイザック主演で映画化する「London(原題)」のメガホンをとることが決定している。

コメントは受け付けていません。