ブラック・ウィドウ単独映画の監督候補が明らかに(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

ジャック・シェイファーがブラック・ウィドウ単独映画の脚本を担当することが決定し、同作品でメガホンを取る可能性がある監督候補者のリストが浮上した。
Varietyのジャスティン・ノールは以前、マーベル・スタジオが本作のために、65人を超える女性監督候補者と面接を重ねたと報じた。Deadlineによると、この候補者のリストがさらに絞り込まれたらしい。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」画像・動画ギャラリー

Deadlineの最近の報道によると、注目を浴びている最新の候補者は、『さよなら、アドルフ』、『ベルリン・シンドローム』のオーストラリア人映画監督ケイト・ショートランド、『A United Kingdom(原題)』のアマ・アサンテ監督、『Novitiate(原題)』のマギー・ベッツ監督で、全員が最近マーベルのケヴィン・ファイギそしてスカーレット・ヨハンソンと面会したそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です