フィロのス、AR演出やアコースティック生演奏交えた「World Extension」でワクワク感を拡大(音楽ナタリー)

出典元:音楽ナタリー

フィロソフィーのダンスが昨日11月19日にオンラインライブ「Philosophy no Dance “World Extension”」を開催した。

【写真】フィロソフィーのダンス「Philosophy no Dance “World Extension”」の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)(メディアギャラリー他5件)

このライブではリアル、バーチャル問わずさまざまなアーティストの公演を手がける新進気鋭の演出家・渡辺大聖がプロデュースを担当。“未来型ライブ劇場”である東京・harevutaiから、最新のテクノロジーを駆使したAR演出やファン参加型の企画など、普段のライブにはない新たな試みが届けられた。

配信の開始時刻になると、harevutaiのステージに立つフィロのスの姿が映し出され、ロカビリー調の陽気なナンバー「ダンス・オア・ダンス」でライブがスタートする。メンバーの背後できらびやかなアーチやネオン管で表現されたグループのロゴが光り輝く中、奥津マリリは「最高の夜にしようね!」とカメラに向かって呼びかけた。その後も楽曲に合わせてバーチャルの舞台セットは目まぐるしく変化し、児玉雨子が作詞を手がけた「なんで?」の曲中には“why”という文字を4人の周りにいくつも浮かび上がらせて、視聴者を驚かせた。

佐藤まりあはライブタイトルの「World Extension」に込められた意味を説明しながら、「今日はみんなのワクワク感、期待感を拡大できるような素敵な1日にしたいと思います!」と挨拶。奥津も「スタッフさんたちもどうしたら皆さんに伝わるかということをすごく考えてくださって、本当に愛のあるライブになっているので最後まで愛をぶつけ倒したいと思います!」とこのライブに懸ける思いを熱く語った。続いて披露された斉藤伸也(ONIGAWARA)提供のアッパーチューン「オプティミスティック・ラブ」では抽選で選ばれたファンがZoomを通してリモートでライブに参加し、フィロのスはその画面をバックにダンス。ファンはサビで一緒に腕を左右に振るなどして無観客ライブながらも一体感を作り出し、曲が始まる前に「みんなの顔見ると、なんか泣いちゃう」と涙をこらえていた奥津も笑顔を弾けさせた。さらにキラーチューン「ダンス・ファウンダー」がメドレーとして間髪いれずに披露されると、配信画面のチャット欄も大きく盛り上がった。

ライブ中盤にはムーディなバーカウンターに画面が切り替わり、白いスーツ姿の日向ハルがアコースティックの生演奏に乗せてソロ曲「いつか大人になって」を歌唱。その直前に上映されたコミカルな転換映像との落差で不意を突きつつ、しっとりとした歌声でファンの心を鷲づかみにした。続く「シスター」「シャル・ウィ・スタート」では色っぽいドレスを身にまとったほかのメンバーも合流し、福田裕彦(Key)、千ケ崎学(B / KIRINJI)、早藤寿美子(Perc)が生み出す優しいサウンドと4人が響かせる美しいハーモニーに呼応するように画面上にきらびやかな雪が舞った。

バンドによる「アイム・アフター・タイム」のインストゥルメンタルバージョンの演奏を経て、ライブの舞台は再びharevutaiのメインステージへ。4人は合わせ鏡のようにメンバーが増殖したり、ステージの風景が世界各地の夜景に変わったりする演出を交えながら、9月にリリースしたメジャーデビュー曲「ドント・ストップ・ザ・ダンス」をパフォーマンス。最後は人気ナンバーの1つ「ライブ・ライフ」でオンラインライブ「World Extension」を締めくくった。

このライブのアーカイブの視聴チケットは11月26日15:00まで販売中。詳細はフィロのスのオフィシャルサイトやTwitter公式アカウントにて確認を。

■ フィロソフィーのダンス「Philosophy no Dance “World Extension”」2020年11月19日 セットリスト
01. ダンス・オア・ダンス
02. ライク・ア・ゾンビ
03. なんで?
04. オプティミスティック・ラブ
05. ダンス・ファウンダー
06. フリー・ユア・フェスタ
07. アルゴリズムの海
08. いつか大人になって
09. シスター
10. シャル・ウィ・スタート
11. ドント・ストップ・ザ・ダンス
12. ライブ・ライフ

【広告】

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。