ファミマ初、LGBTQ支援グッズ『レインボーカラーのラインソックス』を発売 売上の一部は支援団体に寄付(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

ファミリーマートは、性の多様性やLGBTQ支援を意味するレインボーカラー(6色)デザインの『コンビニエンスウェア ラインソックス レインボー』(税込429円)を、19日に全国で発売する。なお、同商品の売上の一部は、LGBTQ支援団体に寄付する。

【画像】『ファミチキ』の袋も数量限定でレインボーカラーに!

 同商品は、昨年3月より全店舗で展開している「コンビニエンスウェア」の新商品。ファッションデザイナーの落合宏理氏を起用し、デザイン性や素材にこだわり、着心地の良さに加え、環境への配慮も実現した同シリーズから、LGBTQの理解者・支援者を示すALLY(アライ)の輪を広げること、すべての人が自分らしく活躍できる社会を目指すことの応援として、新たに発売する。サイズ展開は、22-25cm、25-28cmの2種。数量限定で、無くなり次第終了。

 さらに、昨年に引き続き、同社ホットスナックの看板商品『ファミチキ』をイメージしたホットスナック袋をレインボーカラーに変更し、数量限定で展開する取り組みを22日より実施する。同日から代々木公園で3日間開催されるアジア最大級のLGBTQイベント『東京レインボープライド2022』とともに、身近なコンビニから全国の街中にレインボーカラーが広まっていきそうだ。

 同社はこれまで、職場におけるLGBTQへの取り組み評価指標「PRIDE指標」において、最高評価の「ゴールド」を2年連続で受賞している。また、昨年には、優れた取り組みを評価する「ベストプラクティス」も同時に受賞。社員向けのオンラインイベント「Feel the Diversity Program」を定期的に開催するなど、多様性を受容する職場環境を整備している。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。