ビリー・アイリッシュ、永瀬廉主演「真夜中乙女戦争」主題歌! 恋と破壊を映す予告編&ポスター完成(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

「King&Prince」の永瀬廉が主演し、池田エライザと柄本佑が共演する「真夜中乙女戦争」の主題歌が、世界的な歌姫ビリー・アイリッシュの「Happier Than Ever」に決定。あわせて、アイリッシュのメッセージと楽曲、キャスト3人のコメントがおさめられた予告編(https://youtu.be/VZJnV82wjLU)と、ポスターが披露された。

【フォトギャラリー】永瀬廉×池田エライザ×柄本佑「真夜中乙女戦争」

 本作は、「チワワちゃん」「とんかつDJアゲ太郎」の二宮健監督が、若年層を中心に圧倒的な支持を受ける作家・F氏が初めて手がけた同名小説(KADOKAWA刊)を映画化するもの。退屈な日々を送る大学生が、自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と内なる戦争を、スリリングかつサスペンスフルに描き出す。永瀬が平凡で無気力な大学生の“私”、池田が「かくれんぼサークル」の凛々しく聡明な“先輩”、柄本が圧倒的なカリスマ性を持つ謎の男“黒服”に扮する。

 予告編の冒頭は、“私”が密かに恋心を抱く“先輩”に「明日、東京が爆破されます」と告げる。その後、時間は巻き戻り、“私”と“先輩”の出会いを活写。しかし、“黒服”の「お前はなんで生きてるんだ?」という言葉を合図に、“私”は“先輩“への片想いと、“黒服“による「真夜中乙女戦争」と名付けられた東京破壊計画に巻きこまれていく。「東京破壊計画と、たったひとつの恋。この夜、どちらかしか選べない。」という意味深なテロップに続き、炎上する東京の夜景が切り取られ、衝撃の結末を予感させる。ポスターには、燃え盛る東京の街並みを背景に、“私”が傷を負いながらも真っ直ぐな眼差しを投げかけている。

 さらに映像では、史上最年少で第62回グラミー賞の主要4部門を制覇したアイリッシュがコメントを寄せている。7月に発売されたニューアルバムの表題曲「Happier Than Ever」が、本作の主題歌に決定したことに、「とても興奮しています」といい、「主人公の“私”を演じる(永瀬)廉さんと皆さんがこの曲を楽しんでくれることを願っています」と語っている。

 主題歌について、キャスト陣も「まさか主題歌がビリー・アイリッシュの映画に出ることになるとは思ってなかったよね」(柄本)、「初めて本編じゃなくて、エンドロールですごい泣いちゃって」(池田)と、口々に喜びを明かす。永瀬が「最初はすごいゆったりな曲ですけど、途中でめっちゃ盛り上がるのが良いっすよね」と話すと、柄本が「あれ、超良いよね!」と応じ、興奮を隠し切れない様子で語り合っている。

 「真夜中乙女戦争」は、2022年1月21日に全国公開。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。