ハマ・オカモト、家具組み立て時の“ミュージシャンあるある”告白「気持ち悪がられる」(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

都内にある『FENDER CUSTOM SHOP』で16日、トークイベントが開催され、ロックバンド・OKAMOTO’Sのハマ・オカモト(27)が参加した。

 今回ハマは、初めて弦の振動を電気信号に変えるパーツ「ピックアップ」の交換を体験。しかし当初は交換にためらいがあったといい、「特に僕が違いが分からないと、正直あまり上手にウソがつけないので、リアクションに出るかもしれないから、ちょっと考えますって。1回保留にしてもらっているんですよ、企画としては」と理由を明かした。

 実際に交換してみるとその音の違いに驚きを隠せない様子で、試し弾きをした後、「ここまで変わるとは!ちょっと本当にビックリしている」と大興奮。

 初めてのピックアップ交換に感動していたハマだが、その作業を見ている際には、「もとあった所にちゃんとネジを戻すために、入っていた所が分からなくならないように並べるのは、楽器をやっていた人は当たり前のようにやっていると思いますけど…。これを普通の人が見たらめっちゃ気持ち悪い行為ですからね。IKEAの棚を作っている時に気持ち悪がられました」と自身のエピソードを交えつつ、家具を組み立てる時の“ミュージシャンあるある”で会場の笑いを誘っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。